黄信号もあるが対応モデルも多く

次期排ガス規制クリア? 絶版? ’20-’21新車バイク動向予想〈大型ツアラーモデル編〉

  • 2020/11/20
次期排ガス規制クリア? 絶版? ’20-’21新車バイク動向予想〈大型ツアラーモデル編〉

’21年以降、バイク新車ラインナップに大変動が起きる。欧州で’21年1月から次期排ガス規制のユーロ5が全面導入され、規制をクリアしていない車両は”絶版”を余儀なくされてしまうのだ。新型の噂を含め、どんなマシンが生き残るのか、はたまた去りゆくのか緊急予想を敢行。本記事では大型ツアラー&クルーザーカテゴリーの行方を探る。

大型ツアラーカテゴリー:「黄信号」の一方で、対応モデルも多し

スポーティ系やクルーザーも含む当ジャンル。まず気になるのはスズキ ハヤブサの動向だ。日本では’18年型の逆輸入車がラストとなり、「次期型開発中」との情報はあるものの、正式なアナウンスはまだ。’20年秋の発表が大いに期待される。

存続に黄信号が点灯しているのが、’21年に20周年を迎えるヤマハFJR1300、そして日本で人気のハーレーダビッドソン スポーツスターシリーズ。ホンダVFR800Fも現行型は終了となる見込みだ。これらは総じてエンジンの設計年度が古いロングセラーで、規制対応にはかなりのコストを要するだろう。

その一方で、ニンジャH2 SXを筆頭とするカワサキのツアラーシリーズは、既にユーロ5に対応済み。当クラスで最も排気量が小さいホンダ レブル500と、最大排気量のトライアンフ ロケット3Rがともに規制をパスするなど、意外と対応モデルは多い。

スズキ:沈黙を破り、次期ハヤブサ’21発進するか?!

ハヤブサ [ユーロ3]:北米では従来型のニューカラーが登場

’99年の初代デビュー以来、”アルティメットスポーツ”を貫いてきたハヤブサ。’08の2代目に続く次期型は、従来の1340cc直4ユニットを基盤に、電子制御スロットルやIMU&コーナリングABSなどの電脳で進化すると予想される。’20年2月にスズキは創立100周年を迎えており、’20年内に次期型が発表されれば記念イヤーを飾る最高のシナリオとなるハズだ。

次期スズキハヤブサ(予想イメージ)

'20 スズキ ハヤブサ(北米仕様)

【’20 SUZUKI HAYABUSA:】国内や欧州ではユーロ4に対応せず、’18で終了。ただし独自の規制を敷く北米では現在も継続販売中で、’20では新色が登場した。メガスポーツとしてライバルのZX-14RやH2が終了となるだけに、次期型が投入されれば同ジャンルはハヤブサの独壇場となるだろう。■水冷4スト並列4気筒1340cc 197ps/9500rpm ■車重266kg ●入荷予定なし(北米モデル)

GSX-S1000F ABS [ユーロ4]:カタナと一緒に規制対応なるか

リファインした旧GSX-R1000の直4を専用フレームに積み、’17年に投入されたGSX-S1000F。’20で新色が登場した。’19にデビューしたカタナのベースでもあり、近々モデルチェンジで存続か。

スズキGSX-S1000F ABS

■998cc 148ps 10.9kg-m ■車重214kg ●色:黒 白 黒×青 ●価格:120万7800円

カワサキ:ZX-14Rは終了、H2 SX SE/1000SX/650は対応済み

ニンジャZX-14Rハイグレード [ユーロ4]:音速の貴公子はH2 SXに後任を託し勇退

GPZ900Rの系譜に連なるメガGT・ZX-14R。1441cc直4は’16でユーロ4に適合したが、スーパーチャージャーのH2 SXが登場したこともあり、次期規制には対応せず終了となる。国内には逆輸入車が入荷され、ファイナル仕様の2色が販売中だ。

カワサキ ニンジャZX-14Rハイグレード

[写真タップで拡大]

KAWASAKI Ninja ZX-14R HIGH GRADE】■1441cc 200ps 16.1kg-m ■車重269kg ●色:黒×ライム 白 ●価格:190万3000円/192万5000円

ニンジャH2 SX SE/SE+ [ユーロ5]:200ps+スーパーチャージャーで刺激的な旅を

スーパーチャージャーのH2を専用パーツで最適化し、’18でデビューしたH2 SX SEシリーズ。998ccながらZX-14Rと同じ200psを発生し、H2よりスムーズな特性を持つ。いち早くユーロ5にも対応した。SE+は電子制御サスペンション仕様だ。

カワサキ ニンジャH2 SX SE/SE+

【KAWASAKI Ninja H2 SX SE/SE+】■水冷4スト並列4気筒998cc スーパーチャージャー 200ps/11000rpm 14.0kg-m/9500rpm ■車重262kg ●色:灰/ライム×黒 ●価格:244万2000円/282万7000円 ※諸元はSE+

ニンジャ1000SX [ユーロ5]:電脳が充実。先進的なラクッ速の代表選手

’11の初代以来、ラクなのに走りは鋭いツアラーとして人気のニンジャ1000SX。’20で大型アップデートを施し、電子制御スロットルなどでユーロ5に適合した。さらに4種類の連動型走行モードやオートクルーズ、上下対応クイックシフター、カラー液晶メーターまでも採用している。’21では新色のライム×黒と灰×黒が登場。従来の白が廃盤となった。

'21 カワサキ ニンジャ1000SX

【’21 KAWASAKI Ninja1000SX】■水冷4スト並列4気筒1043cc 141ps/10000rpm 11.3kg-m/8000rpm ■車重236kg ●色:黒×ライム 灰×黒 ●価格:148万5000円

'21 カワサキ ニンジャ1000SX

●エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック [写真タップで拡大]

'21 カワサキ ニンジャ1000SX

●メタリックカーボングレー×メタリックディアブロブラック [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

’20で吸気ファンネル形状やカムプロフィールを変更。スムーズな回転上昇を実現しながら規制をクリアした。

ニンジャ650 [ユーロ5]:万能なパラツイン中忍

’17のフルチェンジを経て、ニンジャ650は’20年型で最新のニンジャ顔や大型化したアッパーカウルを採用。快適度が大幅アップした。600ツアラーで唯一のフルカラーTFT液晶メーターも投入。

カワサキ ニンジャ650

【KAWASAKI Ninja650】■水冷4スト並列2気筒649cc 68ps/8000rpm 6.4㎏-m/6700rpm ■車重194kg ●色:ライム×黒 白 ●価格:STD88万円 KRTエディション90万2000円

[写真タップで拡大]

●パールブリザードホワイトブラック

[写真タップで拡大]

触媒容量の増大と、ショート化&形状変更したエキゾーストパイプでユーロ5に対応。トレリスフレームによる軽量な車体も自慢だ。

ホンダ:ロングセラーVFR800Fが勇退?

VFR800F [ユーロ4]:ミドルV4の長い伝統に終止符が

’80年代に端を発する長寿ユニットのV4エンジンは、可変バルブのハイパーVTECなどハイテクを備える。VFR800Fは’19現行型がラストとなる模様で、’80年代風のインターセプターカラーも用意。

ホンダVFR800F

HONDA VFR800F】■781cc 107ps 7.9kg-m ■車重243kg ●色:赤 トリコ ●価格:144万5400円~

CBR650R [ユーロ5]:攻めにも対応する唯一の直4ミドル

クラス唯一の直4を搭載するCBR650Fが’19でCBR650Rに刷新。万能選手ながら、軽く前傾するライポジやφ41mm倒立フォーク+ラジアルキャリパーの足で攻めもOKだ。’21モデルでユーロ5に対応したことが欧州で発表された。

ホンダCBR650R

【HONDA CBR650R】■水冷4スト並列4気筒648cc 95ps/12000rpm 6.5kg-m/8500rpm ■車重207kg ●色:黒 赤 ●価格:105万6000円/108万9000円 ※諸元と写真は’20モデル

ホンダCBR650R

●マットバリスティックブラックメタリック ※’20モデル [写真タップで拡大]

ホンダCBR650R

●グランプリレッド ※’20モデル [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

ユーロ4対応だった650Fの心臓をベースに、動弁系やピストン形状を変更し、専用のツインラムエアを投入。

レブル500 [ユーロ5]:気楽な軽快ボバー

CBR400R/500R系の180度クランク並列2気筒を積むシンプル仕様のレブル500。’20で4灯LEDヘッドライトを獲得するとともに、排気系の変更でユーロ5に対応した。

ホンダ レブル500

【HONDA REBEL500】■471cc 46ps 4.4kg-m ■車重190kg ●色:ツヤ消し銀 黒 ●価格:79万9700円

ゴールドウイングシリーズ [ユーロ4]:生まれ変わった豪華旗艦は存続確実

’74年の初代以来、日本を代表するツアラーとして君臨するゴールドウイングは、’18年型で17年ぶりのフルモデルチェンジを敢行。水平対向6気筒は単体で6.2kgの軽量小型化を実現し、吸気効率も向上させた。ユーロ4対応ながら次期規制を見越した設計と思われ、存続は安泰だろう。

ホンダ ゴールドウイング ツアーDCT〈エアバッグ〉

【HONDA GOLDWING TOUR DCT AIRBAG】■水冷水平対向6気筒 1833cc 126ps/5500rpm 17.3kg-m/4500rpm ■車重383kg ●色:白×ストライプ 白 黒×灰 赤×黒 ●価格:338万1400円 ※諸元はツアーDCT〈エアバッグ〉

[写真タップで拡大]

【HONDA GOLDWING DCT AIRBAG】●色:ツヤ消し黒 ツヤ消し銀 ●価格:278万7400円/293万400円

[写真タップで拡大]

完全新設計の水平対向6気筒は、2→4バルブ化され、電子制御スロットルを投入。燃焼効率とフリクション低減の追求により、60km/h定地燃費値燃は先代から7km/L増加した。スムーズな走りだけでなく、クリーンさも自慢だ。知能的な7速DCT仕様も選べる。

ヤマハ:FJR1300Aが終了か?

FJR1300A/AS [ユーロ4]:20周年の節目でファイナルに?

’00年9月に発表された初代以来、ツーリングの本場=欧州で愛されてきた旗艦スポーツツアラー・FJR1300A/AS。欧州では’20で豪華仕様・アルティメットエディションが登場しており、これが実質的なラストモデルとの噂がある。国内には未導入で、’19モデルが継続販売中だ。

ヤマハFJR1300A/AS

YAMAHA FJR1300A/AS】■水冷4スト並列4気筒1297cc 147ps/80000rpm 14.1kg-m/7000rpm ■車重296kg ●色:ツヤ消し 灰 ●価格:154万円/187万円 ※諸元はAS

[写真タップで拡大]

電子制御スロットルやトラクションコントロールに加え、ASは電子制御シフトも採用するが、基本設計自体は’01初代のまま。旗艦ツアラーだけに大幅刷新でユーロ5対応に期待したい!

[写真タップで拡大]

シリアルナンバー入りのプレートや、黒×金ストライプの特別色、ロゴ入りシートを与えた上級版・アルティメットエディション。現行型はこれがラストとなる模様だ。

ナイケン/GT [ユーロ4]:新感覚スポーツ3輪はそろそろ対応か?

バンク角に応じて平行に傾く前2輪を備えたヤマハLMWの旗艦・ナイケン。高剛性の片側2本のフロントフォークがその名の由来だ。3気筒はMT-09がベースで、次期規制には未対応。’21での改良が予想される。

ヤマハ ナイケン/GT

YAMAHA NIKEN/GT】■水冷4スト並列3気筒845cc 116ps/10000rpm 8.9kg-m/8500rpm ■車重267kg ●色:灰/青 赤 ●価格:181万5000円/198万円 ※諸元はGT

※本記事のニュースメディア向け配信はここまでになります。

〈次のページは…〉外国車勢:ハーレー、BMW、ドゥカティ、トライアンフの注目モデルは?
固定ページ:

1

2 3