乗りやすさ不変でサス強化、ABS標準装備

フルチェンジで軽量化&走破性向上! ホンダ新型「CRF250L」「CRF250ラリー」正式発表

  • 2020/11/13

ホンダは、2021年モデルとして新型の「CRF250L」「CRF250 RALLY」を正式発表した。新設計フレームとロングストロークサスペンションを採用し、エンジンは吸排気系を最適化してリファインしたフルモデルチェンジで、価格は59万9500円/74万1400円、発売日は2020年12月17日だ。

扱いやすさは不変としながらサスストロークと最低地上高を確保

ホンダは水冷4ストローク単気筒エンジンを搭載したオン/オフモデル「CRF250L」「CRF250 RALLY」をフルモデルチェンジし、2020年12月17日に発売する。エンジンは吸排気系をリファインしたうえで新設計フレームに従来よりも20mm高い位置に搭載、さらに従来のタイプLDと同じシート高830mmのバージョンを標準モデルとしながら、サスペンションストロークは伸長した。また、ABSを標準装備しながら従来のABS無しモデルよりも3~5kg(モデルによる)の軽量化を達成している。

また、シート高880mm(L)/885mm(ラリー)としたバージョンは<S>タイプとしてラインナップされ、こちらもサスペンションストロークは従来モデルに対し前10mm/後20mm伸長させた前後260mmに変更。よりオフロード車らしい走りを求めるライダーにはこちら、というわけだ。

ともにカラーリングはレーシングイメージ/ラリーイメージを反映した『エクストリームレッド』とし、価格はCRF250L/CRF250L<s>が各59万9500円、CRF250 RALLY/CRF250 RALLY<s>は各74万1400円となっている。Lのほうは値上がり幅が大きい(従来は49万7880円)が、これは元々LEDヘッドライトなどを採用していたラリー(従来は70万2000円)に対し、ハロゲンバルブ→LEDのようなグレードアップ箇所が多いため。オフ車にシャープなイメージを求める向きには嬉しい変更なだけに、この価格上昇は十分に許容範囲と言えそうだ。

ホンダCRF250L

HONDA CRF250L[2021 model]

ホンダCRF250ラリー

HONDA CRF250 RALLY[2021 model]

エンジンと車体を解説!【CRF250L/CRF250ラリー共通】

エンジンは従来の4ストローク単気筒をベースに、吸排気系を中心としたチューニングを施し、低速トルクを強化しつつ高回転域の伸びも増強。ほぼフルレンジでパワーアップしており、扱いやすさとオフロードバイクらしい弾け感を両立していると思われる。

吸排気系は効率向上を図った新設計のエアクリーナーやエキゾーストシステムを採用し、点火時期を最適化。クラッチの操作荷重を従来モデル比で約20%低減するアシストスリッパークラッチを新たに採用したほか、1~5速をローレシオ化、オーバードライブの6速をハイレシオとすることで、快活な加減速と使い勝手、快適な高速クルージングを実現している。

車体は、オフロード性能の向上を狙った新設計フレームを採用し、横剛性25%減と2150gの軽量化を達成。横方向のしなやかさと縦方向の路面からの入力を受け止める強さを併せ持つ。また、エンジン搭載位置は従来比で20mm高く、さらにクランクケース形状の変更により最低地上高は30mm前後高められている。細かく言えば、Lは210mm→245mm、L<S>では255mm→285mm、ラリーは205mm→220mm、ラリー<S>は270mm→275mmとなっている。ラリー<S>に関しては元々サスペンションストロークが長く、さらに樹脂製スキッドプレートを装備していることも関係して変化が少なくなっている。

また、リヤサスペンションはリンクレシオを最適化しており、オフロード走行における衝撃吸収やオンロードでの乗り心地の向上を両立した。

ブレーキには前後ABSを標準装備し、後輪ABSは任意でキャンセル可能。オフロード走行も考慮した設定で、特にギャップ通過時の空走感を可能な限り排している。

メーターは文字サイズを17mmから23mmに拡大し、さらに白背景に黒文字のポジティブ液晶メーターを採用することで、ライディング時の視認性を高めている。また、利便性を高める機能としてギヤポジションインジケーター、燃費計を新たに採用している。

HONDA CRF250L/CRF250 RALLY[2021 model]

エンジンは吸排気系のリファインと点火時期等のチューニングにより、低中速の大幅な増強と高回転域の伸びを両立。ほぼ全域のパワーアップだ。吸気側カムシャフトの変更、新設計エアクリーナーボックス/エキゾーストシステムを採用し、ギヤレシオは1~5速を低速化、6速を高速側に振っている。ちなみにマフラーはテールキャップの薄肉化やグラスウールの廃止などで軽量化と弾け感のあるサウンドを実現。

HONDA CRF250L/CRF250 RALLY[2021 model]

レバー操作荷重を約20%低減するアシストスリッパークラッチ。ハードブレーキで後輪荷重が抜けがちなオフロード車では、緊急制動時のリヤホイールのホッピングを抑えられるのはありがたい。

HONDA CRF250L/CRF250 RALLY[2021 model]

横剛性25%減、軽量化マイナス2150gを達成した新設計フレーム。メインパイプを内側に追い込み、ダウンチューブまわりを細身にすることで、横方向のしなやかさと縦方向のしっかり感を得ている。

CRF250L/CRF250L<S>

ABSを追加装備しながらも、フレーム、吸排気系、電装など全ての領域で徹底した軽量化を行い、CRF250L<S>は従来モデルCRF250L比で4kgの軽量化を実現。タイプLD比でも3kgの軽量化を達成した。

ライディングポジション関連では、シートの着座面の幅とシート前方のスリム化により、最低地上高を高めながらも従来モデル同等の足着き性を確保。ハンドルは絞り角を増やしてライダーのヒジを自然な位置とし、ステップは従来モデルに対して後方に置くことでつま先の自由度を高め、車体への荷重入力をしやすくしている。

見た目にもっとも大きな変化となったヘッドライトは、従来のハロゲンバルブに対し薄型のLEDヘッドライトを新採用。従来よりも大幅に小型化しながら幸一かつ均一に照射する設定とし、夜間走行でも安心だ。ヘッドライトユニット自体でも110gの軽量化を達成した。ウインカーも軽量なLEDウインカーとしただけでなく、ステー部には柔軟性を持たせたフレキシブルラバーマウント構造を採用している。

【HONDA CRF250L/CRF250L<S>[2021 model]】主要諸元■全長2210[2230] 全幅820 全高1160[1200] 軸距1440[1455] シート高830[880](各mm) 車重140kg(装備)■水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ 249cc 24ps/9000rpm 2.3kg-m/6500rpm 変速機6段 燃料タンク容量7.8L■タイヤサイズF=80/100-21 R=120/80-18 ※[ ]内は<S> ●価格:59万9500円 ●色:赤 ●発売日:2020年12月17日

HONDA CRF250L/CRF250L<S>[2021 model]

HONDA CRF250L[2021 model]

HONDA CRF250L/CRF250L<S>[2021 model]

HONDA CRF250L<S>[2021 model]

CRF250 RALLY/CRF250 RALLY<S>

燃料タンク容量は従来モデルからさらに2L増量の12Lとし、WMTCモードp燃費34.8km/Lの好燃費と併せて想定航続距離は400kmを超える。ハンドル形状はアップライトなものとし、走行中の手元への振動を軽減するインナーウェイトを装備することでツーリング時の快適性を向上。シート着座面の幅はCRF250Lに対して20mm広げ、さらにマウント部分にはラバーを採用してライダーに伝わる振動を低減。同じく振動軽減を目的にステップにもラバーを採用している。

【HONDA CRF250 RALLY/CRF250 RALLY<S>[2021 model]】主要諸元■全長2200[2230] 全幅920 全高1355[1415] 軸距1435[1455] シート高830[885](各mm) 車重152kg(装備)■水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ 249cc 24ps/9000rpm 2.3kg-m/6500rpm 変速機6段 燃料タンク容量12L■タイヤサイズF=80/100-21 R=120/80-18 ※[ ]内は<S> ●価格:74万1400円 ●色:赤 ●発売日:2020年12月17日

HONDA CRF250 RALLY/CRF250 RALLY<S>[2021 model]

HONDA CRF250 RALLY[2021 model]

HONDA CRF250 RALLY/CRF250 RALLY<S>[2021 model]

HONDA CRF250 RALLY<S>[2021 model]

アクセサリーも豊富にラインナップ

純正ナックルガード(L用) [写真タップで拡大]

スキッドプレート(L用) [写真タップで拡大]

アクセサリーソケット(L用) [写真タップで拡大]

アクセサリーソケット(ラリー用) [写真タップで拡大]

トップボックス35L・ワンキー [写真タップで拡大]

トップボックス38L・ワンキー [写真タップで拡大]

グリップヒーター [写真タップで拡大]

リアキャリア [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

ラリーステップ


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

前のページ:記事本文に戻る
ヨ

ヤングマシン編集部員

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)