CB125R、GSX-R125/S125

’20新車バイク総覧〈110〜125cc原付二種|国産車#3/5〉スポーツバイク

  • 2020/2/23
’20新車バイク総覧〈110〜125cc原付二種|国産車#3/5〉スポーツバイク

原付二種クラスは125ccを中心に近頃大人気。コストパフォーマンスの良さに加え近年のアジア市場の拡大も相まって、ラインナップは増加の一途だ。前ページのレジャーバイク編に続き、本ページではスポーツバイク編としてホンダCB125R、スズキGSX-R125/GSX-S125を紹介する。

●文:沼尾宏明、宮田健一
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ホンダ CB125R:クラスを超えた装備が自慢

CB-Rシリーズの末弟。兄貴分と同様のスタイルに水冷SOHC単気筒を採用。クラスを超えた装備としてIMU連動のABSを持っており、急制動時のリヤの浮き上がりを抑制してくれる。ほかにもフルデジタルの反転液晶メーターやLEDヘッドライト&テールランプなど、今どきの装備をしっかり網羅だ。黒、赤、白の3色で’18年から販売されている。

ホンダ CB125R

【’19 HONDA CB125R】■水冷4スト単気筒SOHC 124cc 13ps/10000rpm 1.0kg-m/8000rpm ■127kg(装備) シート高815mm 10L ■タイヤ110/70R17 R=150/60R17 ●価格:45万6500円 ●販売中 [写真タップで拡大]

ホンダ CB125R

カラーバリエーションはパールメタロイドホワイト、ブラック、キャンディークロモスフィアレッドの3色。 [写真タップで拡大]

スズキ GSX-R125:サーキットでも遊べるフルカウル125

水冷DOHC4バルブ単気筒をセパレートハンドルを持ったスチール製ダイヤモンドフレームの車体に搭載したGSX-Rシリーズの末弟。縦2灯のヘッドライトを持ったフルカウルやペタルディスクのABSブレーキなど、シリーズの名に恥じないアグレッシブなフォルムが魅力だ。MotoGPイメージのブルーとホワイト、それにブラックの3色で展開。

スズキ GSX-R125

【’20 SUZUKI GSX-R125】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 124cc 15ps/10000rpm 1.1kg-m/8000rpm ■134kg(装備) シート高785mm 11L ■タイヤF=90/80-17 R=130/70-17 ●価格:39万3800円 ●発売日:’20年2月27日 [写真タップで拡大]

スズキ GSX-R125

カラーバリエーションは、トリトンブルーメタリック、タイタンブラック、ブリリアントホワイトの3色。 [写真タップで拡大]

スズキ GSX-S125:アップライトで街中をスイスイ

GSX-R125のネイキッド版で、こちらはバーハンドルを装備し、アップライトなライディングポジションとなっている。低く構えたビキニカウルの先端には縦型2灯のLEDヘッドライトとその両脇に三角形のポジションランプが組み込まれている。’20年モデルは青と黒の2色展開だ。

スズキ GSX-S125

【’20 SUZUKI GSX-S125】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 124cc 15ps/10000rpm 1.1kg-m/8000rpm ■133kg(装備) シート高785mm 11L ■タイヤF=90/80-17 R=130/70-17 ●価格:36万800円 ●発売日:’20年2月27日 [写真タップで拡大]

スズキ GSX-S125

カラーバリエーションは、タイタンブラックとトリトンブルーメタリックの2色。 [写真タップで拡大]

近年人気が高まるばかりの原付二種クラス。スポーツ系バイクに続いて、次ページではスクーター編として、125ccクラス(ホンダ PCXシリーズ/リード125、ヤマハ NMAX/シグナスX/トリシティ125/BW’s 125/アクシスZ、スズキ スウィッシュ/アドレス125)と110ccクラス(ホンダ ベンリィ110/ディオ110、スズキ アドレス110)を紹介する。

関連するアーカイブ

最新の記事