モンキー、グロム、Z125 プロ

’20新車バイク総覧〈110〜125cc原付二種|国産車#2/5〉レジャーバイク

原付二種クラスは125ccを中心に近頃大人気。コストパフォーマンスの良さに加え近年のアジア市場の拡大も相まって、ラインナップは増加の一途だ。中でもホンダはこのトレンドを強力に牽引。前ページのカブファミリーに続いて、本ページではレジャーバイク編としてホンダ モンキー125/グロム、カワサキZ125プロを紹介する。


●文:沼尾宏明、宮田健一 ※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

前後12インチホイールと4速横型空冷エンジンのミニスポーツモデル。フロントに倒立フォーク、リヤにモノショックのサスを持ち、ブレーキは前後ディスクと足まわりも本格的。デジタルメーターやLEDヘッドライト&テールランプなどで装備も充実している。ABSの装着はなし。’17からグレー、ホワイト、レッドの3カラーで発売されている。

【’19 HONDA GROM】■空冷4スト単気筒SOHC 124cc 9.8ps 1.1kg-m ■104kg(装備) シート高760mm 5.7L ●価格:35万7500円 ●販売中

カラーバリエーションはパールバレンタインレッド、パールヒマラヤズホワイト、マットアクシスグレーメタリックの3色。

ホンダ グロム:元気に走れる12インチスポーツ

あなたにおすすめの関連記事