新色ホワイト&グレーはブラックとのツートーンが都会的

ヤマハ NMAXの2019年モデルに新色追加【快適セレクションも設定】

  • 2019/6/6
ヤマハ NMAX ABS [2019]

YAMAHA NMAX ABS[2019]

ヤマハMAXシリーズのスタイルと、走りの良さを備えた原付二種スクーター「NMAX ABS」。高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減を目指した水冷4ストSOHC4バルブ124ccのブルーコアエンジンをコンパクトボディに搭載し、スポーティな走りと快適性の両立を図っている。

NMAX ABSの2019年モデルは、カラーバリエーションが変更される。新色の「マットグレーメタリック3」と「ホワイトメタリック6」は、MAXシリーズを象徴するブーメラン形状のサイドカバーやホイールなどに施されたブラックとのツートーンカラーリングがアクティブで都会的な雰囲気を醸し出している。なお、前モデルで好評だった「ビビッドパープリッシュブルーカクテル5」は継続販売される。

ヤマハ NMAX ABS [2019]

YAMAHA NMAX ABS [2019] ホワイトメタリック6(新色)

ヤマハ NMAX ABS [2019]

YAMAHA NMAX ABS [2019] マットグレーメタリック3(新色)

ヤマハ NMAX ABS [2019]

YAMAHA NMAX ABS [2019] ビビッドパープリッシュブルーカクテル5(継続色)

通勤・通学に便利な快適セレクションパッケージも同時発売

また、NMAXを通勤・通学に使うユーザーのために、ハイスクリーン/リアキャリア/トップケース&キーシリンダーをセットにしたバリエーションモデル『NMAX ABS 快適セレクション』も同時発売される。

ヤマハNMAX ABS快適セレクション

(上左)リヤキャリア(上右)ハイスクリーン(下左)ユーロヤマハトップケース 39L(下右)ユーロヤマハトップケース キーシリンダーA(ワンキータイプ)

ヤマハ NMAX ABS(税込本体価格35万1000円)およびアクセサリーパッケージ「NMAX ABS 快適セレクション」(同38万8800円)は、2019年6月28日に発売される。

※情報提供:ヤマハ発動機販売

このバイクに関連する記事/リンク

カサ

カサ ヤングマシン編集部員・いわゆる"Web担"的黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ