ADV150、PCX150、フォルツァ

’20新車バイク総覧〈車検レス&400ccミドルスクーター|国産車#1/2〉ホンダ

’20年の国産新車ラインナップのうち、普通二輪免許(AT限定含む)で乗れる150cc〜400ccのスクーターをまとめてご紹介。ホンダからは発売直後から受注好調のアドベンチャースタイル・ADV150、安定した人気を保つPCX 150、250ccクラスのフォルツァが顔を並べる。


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

安定性に優れる前後14インチホイールのボディを基本とし、原付二種クラスで一番人気を誇る125を筆頭に、高速道路も走行可能な150や、2輪量産車初となるハイブリッド、そしてフルEVのエレクトリックと4バリエーションが揃っているPCXシリーズ。「PCX 150」は、燃費性能と環境性能に優れる水冷のeSPエンジンを搭載し、アイドリングストップ機構も装備する。

【’19 HONDA PCX 150】■149cc ■15ps 1.4kg-m ■131kg ●価格:38万600円~ ●販売中

eSPエンジンはフリクション低減などで中高速域での力強い加速も実現。

シート下のトランク容量は125ともども28Lを確保し、ヘルメット1個+αの小物を入れることができるようになっている。

デジタルメーターは、平均燃費も表示。

PCX 150 HYBRID:海外のみに設定される最強モデル

日本で販売されているPCX HYBRIDは125ccエンジンを搭載しているが、実はインドネシアでは150cc版が販売。現地で生産されている。電動アシスト機能はまったく同じと言われ、モーター部分の最高出力や最大トルクはほぼ同じ数値となっているが、こちらは排気量のおかげで約3psアップしているほか、なんと言ってもリヤブレーキがディスクになって日本版よりグレードアップ。最強仕様なのだ。

ホンダ PCX 150 HYBRID
【’19 HONDA PCX 150 HYBRID ●価格:51万5900円 ●販売中(オートサロン・オギヤマ
ホンダ PCX 150 HYBRID

国内PCXは150もリヤドラムブレーキだが、インドネシアではハイブリッドを含め通常の150もディスクブレーキとなって日本より贅沢な装備となっている。

PCX 150:人気シリーズの高速道路走行対応モデル

関連記事
2020/02/11

まずADV150の情報について整理しておこう。2019年夏、最初に発表されたのはインドネシア仕様で、これは製造もインドネシア。そして同年10月の東京モーターショーで発表されたのはタイ生産モデルで、日本[…]

関連記事
2020/02/08

昨秋の東京モーターショーで国内初登場したADV150は、その少し前の夏にインドネシアで先行発表され、今までにないジャストサイズの冒険スクーターとして話題に。日本でも動向が注視されるなか東京でお披露目さ[…]

関連記事
2020/02/14

話題沸騰のADV150のベースマシンとなっているPCXおよびPCX150は、2018年にフルモデルチェンジを受けてフレームもエンジンも刷新、走りと質感がともにワンランクアップし、通勤快足などさまざまな[…]

関連記事
2019/12/19

すでに2019年7月からホンダの新感覚スクーター、ADV150を販売している生産国のインドネシア。現地と長年取り引きしているショップから輸入モデルをお借りし、街乗りから高速道路、ワインディング、そして[…]

関連記事
2019/12/20

2020年2月14日、ホンダからアドベンチャースタイルの新型軽二輪モデル「ADV150」が発売される。人気のオートマチックアドベンチャー、X-ADVのデザインテイストを反映し、ベースモデルのPCXに対[…]

あなたにおすすめの関連記事

関連するアーカイブ