第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

価格据え置きで9月20日/26日に発売

スズキの400スクーター「バーグマン400 ABS」に新色を展開、アドレス125も

  • 2019/9/13

スズキは、スカイウェイブ400の改良モデルであるラグジュアリースクーター「バーグマン400 ABS」のカラーリングを変更して9月20日に発売する。併せて、「アドレス125」および「アドレス125 フラットシート仕様」もカラーリングを変更、こちらは9月26日発売だ。

国内初の400ccスクーター、最新版が新色を採用

バーグマン400 ABSは、国内初の400ccスクーターとして1998年に登場したスカイウェイブ400の後継モデルで、よりスリムかつスポーティ、軽快な印象のデザインとし、ヘッドライトおよびテールランプにはLEDを採用。42Lの大容量シート下収納スペースを確保して利便性を高めるとともに、軽量化により操縦性を向上している。左右の小物入れや12Vのアクセサリーソケットなど、実用性重視の装備にも抜かりはない。シートクッションもスカイウェイブ400比で20mm厚く、快適性も高めた。

ニューカラーとなるのは、マットブラックメタリックNo.2(黒)およびパールグレッシャーホワイト(白)の2色で、マットステラブルーメタリック(マット青)は従来色から変更なし。価格および諸元に変更はない。

【SUZUKI BURGMAN 400 ABS 2019】主要諸元■全長2235 全幅765 全高1350 軸距1580 シート高755(各mm) 車重215kg■水冷4ストローク単気筒 DOHC4バルブ 399cc 31ps/6300rpm 3.7kg-m/4800rpm 無段変速 燃料タンク容量13L■タイヤサイズF=120/70-15 R=150/70-13 ●価格:79万9200円(8%税込) ●色:黒、白、マット青 ●発売日:2019年9月20日

SUZUKI BURGMAN 400 ABS

[SUZUKI BURGMAN 400 ABS]マットブラックメタリックNo.2

SUZUKI BURGMAN 400 ABS

[SUZUKI BURGMAN 400 ABS]マットステラブルーメタリック

[SUZUKI BURGMAN 400 ABS

[SUZUKI BURGMAN 400 ABS]パールグレッシャーホワイト

「俺たちの通勤快速」もニューカラー採用

通勤などにおいて軽快な走りと高い実用性、リーズナブルな価格で高い支持を受けているアドレス125および同フラットシート仕様にも新色が採用された。

広々としたフラットな足元スペースや12インチの大径フロントホイール、フロントインナーラックといった装備や価格、諸元に変更はない。

フラットシート仕様は、シート高を15mm高めることでシート下スペースを拡大した仕様。こちらは2018年3月にラインナップ追加されたものだ。同じく価格や諸元に変更はない。

【SUZUKI ADDRESS 125/FLAT SEAT EDITION 2019】主要諸元■全長1900 全幅685 全高1135 軸距1285 シート高745[760](各mm) 車重109kg■空冷4ストローク単気筒 SOHC2バルブ 124cc 9.4ps/7000rpm 1.0kg-m/6000rpm 無段変速 燃料タンク容量6L■タイヤサイズF=90/90-12 R=100/90-10 ●価格:STD=22万1400円/フラットシート仕様=22万6800円(ともに8%税込) ※[ ]内はフラットシート仕様 ●色:STD=赤、白、黒/フラットシート仕様=銀、白、黒 ●発売日:2019年9月26日

SUZUKI ADDRESS 125

[SUZUKI ADDRESS 125]パールノベルティブラック

SUZUKI ADDRESS 125

[SUZUKI ADDRESS 125]キャンディパトリシアンレッド

SUZUKI ADDRESS 125

[SUZUKI ADDRESS 125]パールグレイスフルホワイト

SUZUKI ADDRESS 125 FLAT SEAT EDITION

[SUZUKI ADDRESS 125 FLAT SEAT EDITION]パールノベルティブラック

[SUZUKI ADDRESS 125 FLAT SEAT EDITION

[SUZUKI ADDRESS 125 FLAT SEAT EDITION]パールグレイスフルホワイト

[SUZUKI ADDRESS 125 FLAT SEAT EDITION

[SUZUKI ADDRESS 125 FLAT SEAT EDITION]「フラッシュシルバーメタリック

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)