スズキGSX-R1000R [’22後期 新型バイクカタログ]:現形式の生産期限が迫る

ヤマハYZF-R1シリーズ [’22後期 新型バイクカタログ]

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年8月9日

スズキGSX-R1000R 概要

可変バルブタイミング機構=SR-VVTやフィンガーフォロワーバルブなど、モトGP譲りのメカニズムが自慢となるスズキのリッタースーパースポーツ。国内仕様はショーワのバランスフリー倒立フォークとIMUを活用したコーナリングABSを装備する上級版のRのみが設定されている。’22モデルは本年の秋に生産期限を迎えるユーロ4仕様エンジンのまま、ブルー×シルバー/マットグレーのニューカラーとブラックの継続色の計3色で登場した。特にマットグレーはGSX-S1000などにも採用されたスズキ車のトレンドとなっている新色だ。

’21 スズキGSX-R1000R

主要諸元

スズキGSX-R1000R

【’21 SUZUKI GSX-R1000R】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 197ps/13200rpm 11.9kg-m/10800rpm ■203kg シート高825mm 16L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ●色:マットブラックメタリックNo.2×グラスマットメカニカルグレー トリトンブルーメタリック×ミスティックシルバーメタリック マットブラックメタリックNo.2 ●価格:215万6000円 [写真タップで拡大]

スズキGSX-R1000R
スズキGSX-R1000R

【カラーバリエーション】メカニカルマットグレーのほか、100周年記念車風の青×銀もよく見るとアンダーカウルなど細部の配色が異なる’22の新色だ。黒は’21からの継続色。 [写真タップで拡大]

エンジン

スズキGSX-R1000R|可変バルブタイミング

【可変バルブタイミング】モトGPで開発された可変バルブタイミング機構のSR-VVTを搭載。遠心力で動くガイドボールでタイミングを切り替える。 [写真タップで拡大]

シャーシ

スズキGSX-R1000R|フレーム

曲がる車体】フレームはメインスパー内側を鋳造、外側をプレス成形として剛性バランスを最適化。軽快な車体フィーリングを持つ。 [写真タップで拡大]

主要装備

スズキGSX-R1000R|反転液晶メーター

反転液晶メーター】6段階の輝度調整を持つ反転液晶のデジタルメーターを採用。プログラム可能なRPMインジケーターを持つ。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

スズキGSX-R1000Rに関連する記事

’80年代レプリカだっ?! スズキ「GSX-R1000R/R750/R600」の北米ニューカラーが登場

スズキは北米で、GSX-Rシリーズの「GSX-R1000R」「GSX-R750」「GSX-R600」にニューカラーを設定し、2023年モデルとして発表した。逆輸入車として日本でも買うことができていたGSX-R750およびGSX-R600は、それぞれ2018年/2017年モデルを最後に排出ガス規制の関係などから国内導入が終了している。 1980年代カラーと最新スーパースポーツを融合 スズキが北米で2 […]

環境規制サバイバル! 生き残るバイクはどれだ!? ビッグバイク編

‘22年11月以降に生産されたバイクは、50ccを除き「次期排ガス規制」に対応していないと国内で販売できなくなる…。まだ動向が確定していないモデルはナント40車種以上! 存続か、消滅か、ヤングマシン独自調査で占ってみた! 本記事は大型バイク部門。生存しそうな車種も多いが、減少する一方の600ccスーパースポーツは危うし。そしてリッター級のGSX-R1000Rにも赤信号が! スズキ GSX-R100 […]

スズキGSX-R1000R [’22後期 新型バイクカタログ]:現形式の生産期限が迫る

スズキGSX-R1000R 概要 可変バルブタイミング機構=SR-VVTやフィンガーフォロワーバルブなど、モトGP譲りのメカニズムが自慢となるスズキのリッタースーパースポーツ。国内仕様はショーワのバランスフリー倒立フォークとIMUを活用したコーナリングABSを装備する上級版のRのみが設定されている。’22モデルは本年の秋に生産期限を迎えるユーロ4仕様エンジンのまま、ブルー×シルバー/マ […]

令和に蘇る懐かしカラー! 昭和レプリカ復刻ブーム到来の予感

ヤマハYZF-RシリーズのWGP60周年記念車/ホンダCBR1000RR-R30周年記念車と、’22モデルで懐かしカラーリング車が続々復活したが、その他にも復刻カラーをまとったスーパースポーツモデルが近年各社から登場している。オジサンたちには懐かしく、また当時を知らない若年層にも楽しめるカラーリングのマシンたちを紹介しよう。 カワサキ ニンジャZX-10RR 川崎重工125周年記念KR […]

〈動画〉スポーツできるツアラーの最高峰!? 【スズキGSX-S1000GT】試乗インプレッション

歴代GSX-R1000において、今も“名機”と讃えられる2005〜2006年式、通称K5/K6型。このエンジンを抱くストリートファイター・GSX-S1000をベースにフルカウリングを与え、さらにスズキ初のスマホ連動・カラー液晶メーターやオートクルーズなどを投入。純正オプションでパニアケースまで用意したのが「GT」だ。メーカーはグランドツアラーであることを大いに強調するも…試乗した丸山浩の第一声は「 […]

特別仕様のスズキ「GSX-R1000Rファントム」登場! ゴールドの足まわりとブラックボディ【海外】

英国スズキは、世界耐久選手権のチャンピオンマシンでもあるスーパースポーツ・GSX-R1000Rに特別仕様を設定、その名も「GSX-R1000Rファントム」として発売する。独自の外観に加え、ヨシムラR11スクエアサイレンサーやスズキ純正アクセサリーを組み合わせている。 マットブラックの車体にシングルシートカウルやヨシムラサイレンサーを装着 英国スズキは、リッタークラスのスーパースポーツで、世界耐久選 […]

スズキGSX-R1000を走らせる「ヨシムラSERT Motul」がEWC第3戦 ボルドール24時間で優勝!

2021 FIM世界耐久選手権・第3戦の「ボルドール24時間」が開催され、スズキのファクトリーチームである「ヨシムラSERT Motul」が優勝を飾った。2019年の優勝に続く(2020年は中止)栄冠で、年間タイトル獲得にも大きく前進している。 半数近くが脱落したサバイバルレースを、トラブルを乗り越えて制した フランス南部・マルセイユ近郊のポールリカールサーキットで9月18日から19日にかけて開催 […]

マットグレーが新鮮! スズキ「GSX-R1000R」の2021年モデルに新色が登場!

スズキは、同社の最高峰スーパースポーツ「GSX-R1000R ABS」に新色を追加し、従来から1色を継続とした計3色のラインナップを2021年もモデルとして発売する。価格は215万6000円で据え置きされ、発売日は2021年7月30日。 MotoGPのテクノロジーを注ぎ込んだスーパースポーツ 上級モデルの“R”でありながら215万6000円という価格で人気のスズキ「GSX-R1000R ABS」が […]

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース