WEBモーターサイクルショー参考出品のGSX-R125も市販化希望!

スズキ創立100周年で「GSX-R1000R ABS」の特別色が登場! GSX-RRのカラーリングがモチーフ

  • 2020/4/20
スズキGSX-R1000R ABS

スズキは、同社を代表するスポーツバイク「GSX-R1000R ABS」にスズキ創立100周年を記念した特別カラーを施し、2020年4月24日に発売する。60年前、ロードレース世界選手権にスズキが初めて出場した際の50ccレーサーがモチーフで、2020年シーズンのMotoGPにはファクトリーマシンのGSX-RRが同カラーを採用して参戦する。

2020年のMotoGPファクトリーマシンをモチーフとした特別色

スズキが東西モーターサイクルショーの代替として展開したWEBモーターサイクルショーにおいて、GSX-R1000RおよびGSX-R125の特別カラーが参考出品されたのは記憶に新しい。このうち、GSX-R1000Rではこのカラーリングの2020年モデルが本当に発売されることになった。GSX-R125についてはなんの発表もないが、市販化を強く希望したくなるカッコよさだ。

GSX-R1000Rに施される特別色は、2020年FIMロードレース世界選手権MotoGPクラスに参戦する「Team SUZUKI ECSTAR(チームスズキエクスター)」の参戦マシン「GSX-RR」のカラーリングがモチーフだ。ブルーをベースとしながら、左右センターカウルを中心に大胆にシルバーをあしらった中に「SUZUKI」のロゴが大きく配置されている。

このカラーリングの元ネタになっているのは、1960年にスズキが初めてマン島TTに参戦したときの50ccレーサーだ。ライダーはエルンスト・デグナーだった。

スズキGSX-RR・2020年

左が元ネタになった50ccレーサー。右の2台は2020年シーズンを戦うMotoGPマシン、GSX-RRだ。【SUZUKI GSX-RR】主要諸元■全長2096 全幅720 全高1140 軸距1457(各mm)■水冷4ストローク並列4気筒 DOHC4バルブ 1000cc 最高出力240ps以上 最高速度340km/h 変速機6段シームレスシステム■シャーシ:アルミ製ツインスパー タイヤ=Michelin 17”/17”■サスペンションF=オーリンズ製倒立フォーク R=オーリンズ製 ブレーキ:ブレンボ製カーボン/スチールディスク ソフトウェア:マニエッティ・マレリ■車重157kg [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-R1000R ABS[2020]

2017年にフルモデルチェンジしたGSX-Rシリーズの最高峰。999ccの並列4気筒エンジンはフィンガーフォロワーロッカーアームや可変バルブタイミング機構VVT(Variable Valve Timing)などを採用し、低中速域のトルクと高回転出力を両立した「ブロードパワーシステム」を構築。車体は軽量化と剛性バランスを徹底的に突き詰めたフレームに、SHOWA製サスペンションやブレンボ製フロントブレーキキャリパーを装備する。

電子制御も最新のIMUを利用したコーナリングABS「モーショントラック・ブレーキシステム」や10段階から選択可能な「モーショントラック・トラクションコントロール」を採用。出力特性を選べる「S-DMS(スズキドライブモードセレクター)」は3つの走行モードを備えている。また、上下双方向に対応するクイックシフトシステムで、クラッチやスロットルの操作を気にせず機敏でスムーズなギヤチェンジを可能とした。「ローRPMアシスト」や「スズキイージースタートシステム」、「ローンチコントロールシステム」のほか、日本仕様専用装備として「ETC車載器」を搭載している。

主要諸元■全長2075 全幅705 全高1145 軸距1420 シート高825(各mm) 車重203kg(装備)■水冷4ストローク並列4気筒 999cc 197ps/13200rpm 11.9kg-m/10800rpm 変速機6段 燃料タンク容量16L■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ●価格:215万6000円 ●色:青銀(トリトンブルーメタリック×ミスティックシルバーメタリック) ●発売日:2020年4月24日

スズキGSX-R1000R ABS

SUZUKI GSX-R1000R ABS[2020]トリトンブルーメタリック×ミスティックシルバーメタリック [写真タップで拡大]

スズキGSX-R1000R ABS

SUZUKI GSX-R1000R ABS[2020]トリトンブルーメタリック×ミスティックシルバーメタリック [写真タップで拡大]

【動画】発売を希望したいGSX-R125はコチラ!

スズキのWEBモーターサイクルショーで参考出品されたGSX-R125にも同様のカラーリングが施される。こちらも発売してほしい!

最新の記事

固定ページ:

1

2