WEBモーターサイクルショー参考出品のGSX-R125も市販化希望!

スズキ創立100周年で「GSX-R1000R ABS」の特別色が登場! GSX-RRのカラーリングがモチーフ

スズキは、同社を代表するスポーツバイク「GSX-R1000R ABS」にスズキ創立100周年を記念した特別カラーを施し、2020年4月24日に発売する。60年前、ロードレース世界選手権にスズキが初めて出場した際の50ccレーサーがモチーフで、2020年シーズンのMotoGPにはファクトリーマシンのGSX-RRが同カラーを採用して参戦する。

2017年にフルモデルチェンジしたGSX-Rシリーズの最高峰。999ccの並列4気筒エンジンはフィンガーフォロワーロッカーアームや可変バルブタイミング機構VVT(Variable Valve Timing)などを採用し、低中速域のトルクと高回転出力を両立した「ブロードパワーシステム」を構築。車体は軽量化と剛性バランスを徹底的に突き詰めたフレームに、SHOWA製サスペンションやブレンボ製フロントブレーキキャリパーを装備する。

電子制御も最新のIMUを利用したコーナリングABS「モーショントラック・ブレーキシステム」や10段階から選択可能な「モーショントラック・トラクションコントロール」を採用。出力特性を選べる「S-DMS(スズキドライブモードセレクター)」は3つの走行モードを備えている。また、上下双方向に対応するクイックシフトシステムで、クラッチやスロットルの操作を気にせず機敏でスムーズなギヤチェンジを可能とした。「ローRPMアシスト」や「スズキイージースタートシステム」、「ローンチコントロールシステム」のほか、日本仕様専用装備として「ETC車載器」を搭載している。

主要諸元■全長2075 全幅705 全高1145 軸距1420 シート高825(各mm) 車重203kg(装備)■水冷4ストローク並列4気筒 999cc 197ps/13200rpm 11.9kg-m/10800rpm 変速機6段 燃料タンク容量16L■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ●価格:215万6000円 ●色:青銀(トリトンブルーメタリック×ミスティックシルバーメタリック) ●発売日:2020年4月24日

SUZUKI GSX-R1000R ABS[2020]トリトンブルーメタリック×ミスティックシルバーメタリック

SUZUKI GSX-R1000R ABS[2020]トリトンブルーメタリック×ミスティックシルバーメタリック

SUZUKI GSX-R1000R ABS[2020]

関連記事
2020/03/27

スズキは、新型コロナウイルスの影響で中止となった大阪/東京モーターサイクルショーに出展する予定だったモデルをWEB上で公開する「WEB モーターサイクルショー」を2020年3月27日、17時にスタート[…]

関連記事
2020/03/19

スズキの新型「ジクサーSF250」および「ジクサー250」に搭載した新開発の249cc単気筒エンジンは、以前の油冷エンジンがシリンダーヘッド内やピストン下にオイルを噴射して冷却していた方法に対し、水冷[…]

関連記事
2020/03/25

第三京浜ブームを肌で知る限定解除世代にとって、「カタナ」は特別なアイコンだ。ゆえに、同じ名を冠するニューモデルの誕生は心中穏やかではなかったのだが、すべての試乗を終えた今、スーパーな走りを確認できたこ[…]

関連記事
2020/04/17

'85年にデビューしたGSX-R750の「最高出力100ps、乾燥重量176kg」というスペックに、世界中のライダーが驚愕した。ナナハンが軒並み車重210kg超だった時代に、400㏄並みの軽さを実現し[…]

関連記事
2020/03/01

「よそさんに比べて、ウチは小さな規模でやってますから」スズキのMotoGPマシン開発者たちは、たびたびそう口にする。そこにはいくらかの謙遜の空気も混じっているが、厳然とした事実でもある。現在のMoto[…]

あなたにおすすめの関連記事