超ライトウエイトネイキッドでスポーツを愉しむ!

【より軽く、スポーティに! モンスターSPが登場】ドゥカティ ワールドプレミア2023 エピソード2

2021年に登場した4世代目のモンスターは、それまでのパイプフレームを廃し、まったく新しい車体構成で話題をさらった。今日まで、軽さとスリムさを徹底したつくりが人気を博している。2023年は上位グレードとしてSPモデルが加入。レーシーなカラーリングを採用し、前後サスペンションはオーリンズ製、ブレーキも強化しスポーツ性を追求している。

●文:ミリオーレ編集部(小川勤) ●写真:ドゥカティ●外部リンク:ドゥカティ

間もなくデビュー30周年を迎えるモンスター

1992年のケルンショーで発表され、1993年に発売されたドゥカティモンスターは、これまでに40種類以上の派生モデルを生み出してきた。そんなモンスターのオーリンズサスペンション装着車は従来S仕様であることが多かったが、2023年モデルはモンスターSPとして登場する。

また、2013年に20周年記念モデル、2018年に25周年記念モデルが登場していることを考慮すると、2023年はモンスター生誕30年の節目、記念モデルも期待できるかもしれないから、ファンは楽しみに待ちたい。

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル

MotoGPマシンにインスパイアされたカラーリングにゴールドのフロントフォークが映える。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル

フレームらしいフレームは見当たらず、水冷Lツインエンジンの存在感が際立つスタイリング。テスタストレッタ11度エンジンは従来型のモンスターと同じ111psを発揮。 [写真タップで拡大]

これまでの日本仕様とは対照的なモデル

2021年にこのパッケージで登場したモンスターは、とにかく軽量&コンパクトが特徴だった。押し引きや取り回しの段階から937ccの排気量を感じさせず、装備重量188kgを実現。これはホンダのCB400SFよりも13kgも軽い重量である。

詳細はこちらのモンスターのインプレをご覧いただきたいが、国産車にはない独自の思想は、さすがドゥカティというつくりなのだ。

この2021年に登場したモンスターの日本仕様は、ローシートとローダウンサスペンションが標準装着され、シート高は775mm(本国は820mm)に設定。実は、これはかなりビギナー寄りの味付けで、スポーティに走りたいライダーやベテランにはハンドリングのパフォーマンスが物足りなかったのも事実。

しかし、2023年モデルのモンスターSPはどこまでもスポーティだ。

装備重量はこれまでのモンスターから2kg軽い186kgで、前後サスペンションはオーリンズ製。ホイールトラベルは従来の、前130mm/後140mmから前140mm/後150mmに伸び、キャスター/トレールは24度/93mmから23度/87mmに変更。シート高は840mm(810mmにできるローシートをアクセサリーで用意)に設定されている。

その他、テルミニョーニ製サイレンサー、ブレンボ製モノブロックキャリーパーのステルマ、ピレリ製ディアブロ・ロッソ・クワトロ、リチウムイオンバッテリー、ステアリングダンパーを装備している。

それでは新しく登場したモンスターSPの細部を見ていこう!

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル

Lツインエンジンは車体をとてもスリムにつくれるのが特徴。タイヤがとても太く見える。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル

ホイールトラベルが増えたせいか、とても精悍な印象になったモンスターSP。最低地上高が引き上げられ、バンク角も増えている。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル

前後サスペンションはオーリンズ製。フロントフォークは従来のモンスターより0.6kg軽い。フロントキャリパーはブレンボ製モノブロックのステルマ。ブレーキディスクのインナーはアルミ製で、従来のモンスターより0.5kgの軽量化を実現。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル

マフラーはテルミニョーニ製。ステアリングダンパーも装備する。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル

バッテリーは搭載場所を選ばないリチウムイオン。タイヤはピレリ製のディアブロ・ロッソ・クワトロ。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル

プレスカットにはアグレッシブは走行写真が多数入っている。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル

アップハンドルのネイキッドでこういったスポーツ性を狙ってくるのがドゥカティらしい。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル

トーンの異なるレッドでタンクをデザイン。タンクの下に埋め込まれたウインカーは流れるように光る。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル

真っ赤なシートは、足着き性よりもスポーツ性を考慮した形状。SPのロゴがシートカウルに入る。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル

モンスターらしさを継承しつつ、新しさを感じさせるフロントマスクのデザインはさすが。LEDのデイタイムランニングライトも採用。テールライトを含め灯火類はすべてLEDだ。メーターは、視認性に優れる4.3 インチカラーTFT。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル

サーキットでも映えるネイキッド、それがモンスターSPだ。世界最高の機能パーツがスポーティな走りに応える。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル

もちろんサーキット以外の場所でもサマになるのがモンスターの魅力。スタイリッシュな佇まいは街中でも目を引く。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル

ライディングモードはスポーツ、ツーリング、ウェットの3種類から選べる。各モードによりコーナリングABS、トラクションコントロール、ウィリーコントロールなどの介入度が変化。アップ&ダウンのシフターやローンチコントロールも装備する。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ| パニガーレV4|  DUCATI PANIGALE V4|  フロントフレーム | ストリップ
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター プラス|DUCATI MONSTER|フロントフレーム | ストリップ

左がパニガーレV4(写真は初期型。現行は側面に穴を開け、剛性バランスをコントロール)で、右が従来のモンスターのストリップ。SPもフレームは同様で、モンスターはパニガーレV4やV2と同じ発想のアルミ製のフロントフレームを採用していることがわかる。そのフレームはとても軽量かつコンパクト。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル

エンジンの上に乗るようにレイアウトされるフロントフレームのお陰で、937ccの排気量からは想像できないほどスリムな車体を実現している。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル

独自のエンジン&車体構成が生み出すハンドリングは格別。こんなスポーティなモンスターを待っていた方も多いはず! [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モンスター SP|DUCATI MONSTER|2023モデル

【’23 DUCATI MONSTER SP】主要諸元 ■軸距1472 シート高840(各mm) 車重186kg(装備) ■水冷4ストL型2気筒 937cc 内径94×行程67.5mm 圧縮比13.3:1 最高出力111ps/9250rpm 最大トルク9.5kg-m/6500rpm 変速機6段 燃料タンク容量14L ■キャスター23°/トレール87mm ブレーキ形式F=φ320mmWディスク+4ポッドキャリパー R=φ245mmディスク+2ポッドキャリパー タイヤサイズF=120/70-17 R=180/55R17 [写真タップで拡大]


※本記事は“ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース