ランボとのコラボ第2弾は、世界限定630台のストリートファイターV4

【ストリートファイターV4ランボルギーニが登場!】ドゥカティ ワールドプレミア2023 エピソード1

ドゥカティはワールドプレミア2023として9月から2023年モデルを随時発表。そのエピソード1としてストリートファイターV4ランボルギーニがMotoGP第14戦サンマリノGPの週末に発表された。2020年に発表されたドゥカティ×ランボルギーニのディアベル1260に続き、ランボルギーニとのコラボは2回目。ディアベル1260ランボルギーニと同じ世界630台の限定車で、ランボルギーニのウラカンSTOとまったく同じカラーが特徴だ。

●文:ミリオーレ編集部(小川勤) ●写真:ドゥカティ ●外部リンク:ドゥカティ

イタリアン同士の究極のコラボ第2弾!

過去にこれほどド派手なドゥカティの市販車があっただろうかーー。MotoGPで♯63をつけてファクトリーのドゥカティを駆るフランチェスコ・バニャイヤの手によってアンベールされたストリートファイターV4ランボルギーニを見た瞬間にそう思った。

今回、ドゥカティのストリートファイターV4とコラボしたランボルギーニのウラカンSTOは、歴代ウラカンの中でもっともパフォーマンスが高いモデル。

車名に付くSTOは、スーパー・トロフェオ・オモロガータの頭文字。スーパー・トロフェオはランボルギーニ主催のワンメイクレースの名称で、オモロガータはイタリア語で認証の意味。STOは、スーパー ・トロフェオ用のレーシングカーをベースとし、公道走行に必要な認証を得たモデルなのである。

ドゥカティとランボルギーニのファクトリーは20kmしか離れておらず、同じフォルクスワーゲングループということでコラボが実現。イタリア、スポーツ、製品に不可欠なエレメントがデザインにあるという価値観を共感しつつ、開発が進められていった。車体サイドにあしらわれた63はランボルギーニの設立の年だ。

ストリートファイターV4ランボルギーニはその数字にちなんで世界限定630台が生産される。

また、発表会では、ランボルギーニオーナー用の63台限定のAdditional Limited Editionもアンベール。こちらはグレーベースとなっていたが、自身が持っているランボルギーニと同じボディカラー&ホイール、そしてフロントブレーキキャリパーは標準色に加えて、イエロー、レッド、ブラック、カリフォルニアオレンジから、シートは4種類から選択可能とのことだ。

ちなみにランボルギーニとのコラボ第1弾のディアベル1260ランボルギーニは、国内導入台数も少なく争奪戦に。価格や日本導入時期は未定だが、欲しい方は早めに動いた方が良いかもしれない。

それでは、ストリートファイターV4ランボルギーニのスペシャルなスタイリングとディテールを見ていこう!

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4

超高性能ランボルギーニであるウラカン STO にインスパイアされたド派手なデザインが特徴。カラーリングは、ウラカンSTOと同じ「Verde Citrea」のベースに「Arancio Dac」のコントラストカラー。デスモセディチストラダーレエンジンは1103ccで、208psを発揮する。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4

映画「ジョーカー」をイメージしたフロントマスクの迫力は健在。片持ちスイングアームにランボルギーニと共通デザインの極太ホイールを履く。サイレンサーはカーボン製エンドキャップを備えたチタン製のアクラポヴィッチ製だ。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4

プレスカットでこういったイメージをつくり込んでくるのもドゥカティの上手さ。その世界観をイメージしやすい。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4

実車を見ていないのでなんともいえないが、かなり鮮やかなグリーンゴールドっぽいカラーが特徴。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4

ウイングレットを4枚装備する異色のネイキッド。208psを暴れさせない電子制御と合わせて、走りに大きく影響する。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4

63はランボルギーニ設立の年、ウラカンSTOのリヤブレーキ用冷却インテークダクトにヒントを得たアンダーカウルにはSTOの文字が入る。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4

ランボルギーニのエンジンフードをイメージさせるシングルシートカバー。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4

タンクキャップ上部のカーボンパーツとメインキーにシリアルナンバーが入る。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4

メーターはTFTカラー液晶。もちろん最新の電子制御を搭載する。サスペンションはオーリンズ製のSmart EC 2.0 セミアクティブ。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4

ボディの様々なところにランボルギーニのあしらいが入る。タンクキャップはリゾマ製のビレット。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4

レッド×グリーンゴールドの組み合わせは、ドゥカティにかつてない雰囲気を与えている。随所に奢られたカーボンパーツも豪華。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4

フロントフェンダーは、ランボルギーニ「コファンゴ」(ボンネットとフェンダーにバンパーを組み合わせたコンポーネント)に統合されたエアベントにヒントを得てい流。ウイング、ラジエターカバー、タンクカバー、テール周りにはカーボン製のパーツが奢られている。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4

クラッチは乾式。カーボンカーバーも同胞される。ホイールはランボルギーニと同じデザイン。センターナットはチタン製だ。リヤタイヤは200/60サイズのピレリ製ロッソクワトロコルサを履く。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ストリートファイターV4ランボルギーニ|ストリートファイターV4

ストリートファイター V4 ランボルギーニのオーナー向けに限定でヘルメット、ジャケット、レザースーツも用意される。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース