未来のスポーツバイクのカタチはどうなっちゃう?

ついにテールカウルにも翼を生やしたドゥカティのMotoGPマシン【恐竜? ポケモン? 賛否両論あるが速い!】

いま、MotoGPマシンの進化や変化を感じられるいちばんのディテールが空力デバイスだ。特にイタリアのドゥカティとアプリリアはその開発に積極的で、もはや市販のスーパースポーツと極端にかけ離れたスタイリングになってきている。そしてMotoGP後半戦がスタートしてそのスタイリングはさらに個性的に。シートカウルにツノというか背びれようなウイングを装着したドゥカティが圧倒的な速さを見せている。

●文:ミリオーレ編集部(小川勤) ●写真:ミシュラン

ついにテールカウルにも……効果があるパーツはすぐに実戦投入!

2022年シーズンのサマーブレイク明けのMotoGP第12戦イギリスGPのフリー走行で、超奇抜なアイテムが登場した。プラマックとグレーシーニのドゥカティ デスモセディチGPのテールカウルに4枚の羽が生えたのだ。

果たして、この羽にはどんな効果があるのだろうか? と、興味がわいた。今後正式採用されていくのか? と注目していたら、第13戦オーストリアGP、そして第14戦サンマリノGPではファクトリーの2台も採用。

そして、第13戦オーストリアGP、第14戦サンマリノGPの予選では4位までをドゥカティが独占。決勝ではフランチェスコ・バニャイアが好調で、現在4連勝中である。

ブレーキングの向上、ストレートでの良さなどはライダーのコメントで出ており、それなりに効果が高そうなアイテムのようだ。リヤタイヤのスプーンスタート時&走行中の車高調整もここ最近ではドゥカティから始まり、その後全メーカーが追従したアイデア。

果たして、今後テールカウルに羽を生やすメーカーは出てくるのか?

しかし、国産メーカーのこういったアイデアも見てみたいのが日本人の心情……頑張ってほしい。

それでは様々な角度から「恐竜」とも「ポケモン」とも言われる空力デバイスを見てみよう!

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モトGP|MotoGP|デスモセディチGP22| ウイングレット| 空力デバイス
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モトGP|MotoGP|デスモセディチGP22| ウイングレット| 空力デバイス

テールカウルにかなり強い角度でそそり立つ新たなウイング。いつか市販車に採用される日がくるのだろうか? [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モトGP|MotoGP|デスモセディチGP22| ウイングレット| 空力デバイス
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モトGP|MotoGP|デスモセディチGP22| ウイングレット| 空力デバイス

夏休み明けの第12戦イギリスGPで、2023年にファクトリー入りをかけていたE.バスティアニーニとJ.マルティンがこのウイングをテスト。この段階では2種類あったらしい。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モトGP|MotoGP|デスモセディチGP22| ウイングレット| 空力デバイス

第13戦オーストリアGPでは、トップ争いを繰り広げるファクトリードゥカティの2台に新たな空力デバイスが採用された。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モトGP|MotoGP|デスモセディチGP22| ウイングレット| 空力デバイス

ちなみにスタンダードのテールカウルはこんな感じ。ドゥカティは比較的スリムでシュッとしていたが……。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モトGP|MotoGP|デスモセディチGP22| ウイングレット| 空力デバイス

ホンダはカウルの下側がスリム。ドゥカティとアプリリアは空力デバイスを装着。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モトGP|MotoGP|デスモセディチGP22| ウイングレット| 空力デバイス
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モトGP|MotoGP|デスモセディチGP22| ウイングレット| 空力デバイス

ヤマハもアンダーカウルが細い昔ながらの形状を採用。ドゥカティとアプリリアはアンダーカウルの下側が太めで、フルバンクした際の路面とのクリアランスが少ないはず。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モトGP|MotoGP|デスモセディチGP22| ウイングレット| 空力デバイス
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モトGP|MotoGP|デスモセディチGP22| ウイングレット| 空力デバイス

レースを見ているとエアロダイナミクスで車体を安定させているのは明白。最高速も速い!スリップストリームの効きも変わりそうだ。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モトGP|MotoGP|デスモセディチGP22| ウイングレット| 空力デバイス
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モトGP|MotoGP|デスモセディチGP22| ウイングレット| 空力デバイス

ドゥカティのデスモセディチGPを様々な角度から見てみる。真剣にエアロダイナミクスと向き合っていることがよくわかる。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|モトGP|MotoGP|デスモセディチGP22| ウイングレット| 空力デバイス
|MIGLIORE|ミリオーレ|アプリリリア|モトGP|MotoGP|RS-GP| ウイングレット| 空力デバイス

空力デバイスを追求し続けるイタリアンの2台。そのスタートシーンはもはや違和感しかない特化したフォルム。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|アプリリリア|モトGP|MotoGP|RS-GP| ウイングレット| 空力デバイス|ピトー管

ゼッケンの上部に見えるストローみたいな管はピトー管。MotoGPマシンで常にピトー管を装備しているのはアプリリアだけ。ピトー管とは飛行機などに装着されている総圧を測れる装置のこと。車体に対してどのように空気が流れているかを計測しているのだ。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース