空冷2ストロークエンジン搭載|モーサイ

超ミニサイズの走れるベスパを作っちゃったYouTuber「ベースは子供用のおもちゃ!」

●レポート:モーサイ編集部(小泉元暉) ●写真提供:くっすんガレージ

ベスパ風の子供用乗り物を改造

子供向けに作られたクルマやバイクの遊具を見たことがあるだろうか。オフロードバイクや白バイなど、様々なバイクが製品化されているのだが、そんな遊具を使ってまるで本物のバイクのように見えるモデルを作った人がいた。

東広島市で活動しているYouTuber「くっすんガレージ」は、ハンフリー株式会社の社長である楠一成さん(くっすん)を中心に、横山文洋(わいざん)さん、松井康真(やすま)さんの3人で活動している。

いつか「電気自動車の開発」という夢……目標を実現させるために、2018年3月からYouTubeチャンネルを開設した彼らは、主にクルマやバイクをカスタムする動画をアップ。原付を3輪のモーターサイクルにしてみたり、ビッグスクーターをオフロード仕様にするなど、いろんな企画にチャレンジしている。

そんな彼らが作ったミニベスパも、ネットショップで売られている遊具を元に製作されたものだ。実際、見た目はオモチャそのものだが、大人が乗ってもちゃんと走ることができる。

当記事は、「くっすんガレージ」のメンバー3人にミニベスパに乗った感想、製作費・製作日数など話を聞いた。


※本記事は”モーサイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース