第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

モーターが暖まってきたぜ!|モーサイ

製作過程もピーキー過ぎ!? 作った本人が語る「AKIRA・金田のバイクをマジェスティで再現するのは大変だ……」


●レポート: モーサイ編集部(小泉) ●写真提供: てるてるボーイズさん

マジェスティ250で「金田のバイク」を再現中!

1982年12月から『週刊ヤングマガジン』で連載されていた大友克洋氏の漫画作品を原作にアニメーション映画化された『AKIRA』。東京オリンピックを間近に控えた「ネオ東京」を舞台にした作品で、日本国内のみならず国外からも多大な評価を獲得しました。
その主人公の金田が駆る赤いバイクこと「金田のバイク」は、スティーブン・スピルバーグ監督による映画『レディ・プレイヤー1』にも登場するなど、世界中で最も有名な「架空のバイク」と言っても過言ではありません。

ちなみに、作品内では「ピーキーすぎてお前にゃ無理だよ」と金田にしか乗れないことを揶揄するセリフがありますが、あの超スタイリッシュなバイクに一度は乗ってみたい、運転してみたい……と思う人は多いのではないでしょうか。

そんな「金田のバイク」のデザインを忠実に再現しつつ、挑戦している人がいます。ヤマハ マジェスティ250をベース車両として「金田のバイク」を個人で製作しているてるてるボーイズ(@partner1107)さんです。


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース