’23最新モトクロッサー&エンデューロレーサー ピックアップ試乗インプレ〈KTM編〉

長野県ワイルドクロスパークGAIAにて開催されたKTM/ハスクバーナモーターサイクルズ/ガスガスの2023オフロードレーサー試乗会。オールニューモデルはKTM 250 SX-FとHusqvarna Motorcycles FC 250の2台のモトクロッサーで、それ以外のモデルはグラフィック変更がメインだ。ゴー・ライド編集部では、これまで試乗できなかったモデルを選び、渡辺学選手が徹底試乗を敢行。前編となる本記事では、KTMの2台について触れる。


●まとめ:小川浩康(ゴー・ライド編集部) ●写真: 長谷川徹 ●試乗&インプレッション:渡辺学

KTM 300 EXC:全域トルクフルでトラクションは抜群!!

KTM 300 EXC|諸元

【KTM 300 EXC】■水冷2ストローク単気筒 293.2cc 燃料供給方式:Continental製TPI System 始動:セル 変速機6段 ■車重103.4kg(半乾燥) ■サスペンション:F=WP製XPLOR48倒立フォーク R=WP製XPLOR PDSモノショック ■タイヤサイズF=90/90-21 R=140/80-18 ●価格:134万1000円 [写真タップで拡大]

1990年代初期のエンデューロモデルをオマージュした、ホワイト/パープル/オレンジ基調のカラーリングを採用した’23モデルのエンデューロレーサー。2ストモデルはTPI(トランスファーポイントインジェクション)を採用しつつ、その名を外したシンプルなネーミングとなった。

渡辺学選手(以下、学)「全域でトルクが出ていますが、エンジンの回転上昇が速くなく、デロデロと回る感じです。パワーも十分ですが、その出方がマイルドなので、マシン挙動もマイルドになっています。

車重は少し感じますが、どの回転域でも路面をグンっと掴むようにトラクションするので、荒れた路面でもフロントアップしやすいです。その時にマシン挙動がシャープすぎないから、まくれにくく、ハードエンデューロでも扱いやすい乗り味だと思います。

アクセルを開けなくても速く走れるので、長時間乗っていても疲れにくく、クロスカントリーはもちろん、トコトコとトレッキングを楽しむのもいいですね。2ストエンデューロマシンとしての完成度が高いです」

KTM 300 EXC|エンジン

[写真タップで拡大]

KTM 300 EXC|フロントサス|リヤサス

[写真タップで拡大]

KTM 300 EXC

[写真タップで拡大]

KTM 250 SX-F:高回転までスカッと回せる新型エンジン

KTM 250 SX-F|諸元

【KTM 250 SX-F】■水冷4ストローク単気筒 249.9cc 燃料供給方式:Keihin製EMS 始動:セル 変速機5段 ■車重101kg(半乾燥) ■サスペンション F=WP製XACT48倒立フォーク R=WP製XACTリンク式モノショック ■タイヤサイズF=80/100-21 R=110/90-19 ●価格:122万5000円 [写真タップで拡大]

要所を強化して、ねじれと側面剛性を向上した新設計フレームに、ボア×ストロークを78×523mmから81×48.5mmにショートストローク化し、全高を8mm低減した新設計エンジンを搭載。2~5速のシフトアップのクラッチ操作不要とするクイックシフターを搭載するなど、オールニューとなった250SX-F。

学「高回転までクイックに、スカッと回るエンジンです。高回転まで回すとパワーが出てきますが、クイックシフターでの変速時に回転が一瞬落ち込みます。なので、各ギヤを高回転まで引っ張って、路面を搔きながら進むと速い感じですね。その時にエンジン回転がもうひと伸びするので、レース時のコーナーの脱出では、そのオーバーレブ特性がライバルに勝つ武器になりますね。

前後サスは硬めですが、ストローク感は良好で、しっかり荷重をかけてやればコントロールしやすいです。パワーがあって車体もしっかりしているので、路面状況がダイレクトに分かります。シャープな乗り味が“モトクロッサー”という感じです」

KTM 250 SX-F|フレーム

剛性を高めた新設計フレームには、側面の耐衝撃性を高めた新設計フレームを装着。アルミとコンポジット材のハイブリッド構造だ。スイングアームも新設計で剛性アップと190gの軽量化を実現。全体的に剛性アップしたことで、リヤアクスルを25mm→22mmとして最適化。フロントはエアサス。フルボトム時の乗り心地を向上している。 [写真タップで拡大]

KTM 250 SX-F|エンジン

ショートストロークでコンパクト化した新型エンジン。後方に2度傾けて搭載することで、操縦安定性向上に寄与している。 [写真タップで拡大]

KTM 250 SX-F|エンジンマップ|ト ラクションコントロール|ローンチコントロール

エンジンマップ/トラクションコントロール/ローンチコントロールを設定できるスイッチも新形状になり、操作性を向上している。 [写真タップで拡大]

KTM 250 SX-F|シート

エルゴノミクスデザインのシートは、前方のビスひとつで着脱できる。 [写真タップで拡大]

KTM 250 SX-F|フィン|フットペグ

[左]フロントフェンダーには泥の付着を防ぐフィンが設けられた。[右]長さ8mm/幅5mmワイド化したフットペグ。これに合わせてペグ取り付け部のフレーム幅を8mm狭くしている。 [写真タップで拡大]

KTM 250 SX-F

[写真タップで拡大]


※本記事は“ゴーライド”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース