第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

サクッと読めてためになる

Q32:リーンイン/ウィズ/アウト……。曲がり方の違いを教えて!【30秒でわかる! バイクの疑問】

Q32:リーンイン/ウィズ/アウト……。曲がり方の違いを教えて!【30秒でわかる! バイクの疑問】

ライダー予備軍や免許取り立てなら、知らないことばかりなのは当たり前。だけどキャリアの長いライダーだって「知っているようで解らない」があったりする。理解しなくてもバイクは乗れるけれど、知っていればトクするコトや、バイクライフが深まるヒントもたくさん。コッソリ知って、貴方も今日からベテランだ。32問目は曲がるときの姿勢に関するギモン。


●文:ヤングマシン編集部



A32:タイヤが太いバイクはリーンインが曲がりやすい

曲がるためにバンクさせると、後輪の接地点は中心からエッジに移動する。今どきのワイドタイヤはその移動距離が長い。その移動距離を短くし、旋回時のレスポンスを上げるために腰をズラすリーンインのフォームが誕生した。なのでリーンインが本領を発揮するのは、後輪150サイズ以上のバイク。

腰をズラしたリーンインのフォームを試したいなら、まずは3cmでも5cmでもいいから身体をイン側にオフセットしてみよう。そして向きを変える時にイン側の下方向(横ではない)に身体の中の重心を下げる。

とくに後輪が細いバイクは、ライダーの上半身とバイクの中心線が一直線上にあるリーンウィズで素直に曲がってくれるし、身体の下でバイクを深く寝かせるリーンアウトは、オフロードや低速コーナーで有効なフォームだ。見通しの良くないコーナーでの視界確保にも役立つ。

リーンアウト/リーンウィズ/リーンインのイメージ

基本フォームはリーンアウト/リーンウィズ/リーンイン。各フォームには、メリット&デメリットがあるので、色々試して感じてみよう。 [写真タップで拡大]


※各設問の回答は編集部独自の見解であり、諸説あります。
※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース