第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

庶民の生活を支える働き者

ピアッジオ「マイムーバー」発売! 原付二種・ガソリンエンジンの3輪スクーター

ピアッジオグループジャパンは、前1輪、後ろ2輪構造で大型トランクを搭載する3輪スクーター『Mymoover(マイムーバー)』を2022年7月1日より、全国のピアッジオ・ベスパ正規販売店にて発売した。


●文:ヤングマシン編集部(山下剛) ●外部リンク:ピアッジオ



デリバリービジネスにはもちろん、ホビー用途にもおもしろい3輪スクーター

マイムーバーはデリバリー業務に適したビジネススクーターで、容量261L、最大積載荷重は60kgの大型トランクを標準装備することが特徴だ。さらにフロントには20kgまで積載可能なキャリアがあり、大量の荷物を運搬できる。このキャリアはボディマウントされるため、20kgもの荷物を積んでもハンドリングに悪影響を与えにくい構造となっている。

さらにレッグシールド内側にはA3サイズのセンターバッグを装着することができ、積載の利便性を高めている。

また、最大80kgを積載しても安定した走行性能を発揮させるため、前1輪、後ろ2輪の3輪構造としている点も大きな特徴だ。後ろ2輪はチルト機構を備え、車体は最大45度まで傾斜可能。走行中は常に後輪が接地する構造となっている。大型トランクはライダーとともに傾くため、コーナリング時には後輪のグリップをさらに高めることで安定して曲がることができる。後ろ2輪構造のメリットを最大限に生かせるデザインが特徴だ。

また、チルト機構にはロックシステムも搭載しているため、パーキングブレーキと併用すればスタンドを使うことなく停車できる。3輪構造のメリットを巧みに活用することで、駐車時の転倒などのリスクを回避している。

シート高は760mmと低く、フラットなフットボードだから停車時の足つき性も良好。大型スクリーンやハンドガードは、走行風からライダーをしっかりと保護し、雨天時の疲労を軽減してくれる。そのほか、携帯電話などの充電に重宝するUSBポートを備える。また、ハンドバーには大型トランクのオープナーボタンを備えており、ワンタッチでトランクを解錠できるのも便利だ。

搭載するエンジンは125cc水冷単気筒で、必要十分な10.9psを発生。重量物を積載していても、都市部を軽快に移動できる。駆動系はもちろん自動遠心クラッチのCVTだ。

ピアッジオは1948年にベスパをベースとした3輪トラック『APE(アペ)』を開発。以来、イタリア国内をはじめとしてヨーロッパの国々で庶民の生活を支える道具として親しまれてきた。マイムーバーは、そんなアペの流れを汲む新たな3輪スクーターともいえる。

デリバリービジネスを主眼として開発されたマイムーバーだが、大型トランクやフロントキャリヤなどの積載能力はキャンプツーリングでも威力を発揮する。ホビー用途として活用するのもおもしろいモデルだ。

PIAGGIO Mymoover
PIAGGIO Mymoover

PIAGGIO Mymoover [写真タップで拡大]



PIAGGIO Mymoover

【PIAGGIO Mymoover】主要諸元■全長2155 全幅795 全高1690 軸距1380 シート高760(各mm) 車重200kg■空冷4ストローク単気筒SOHC 4バルブ 125cc 10.9ps/8750rpm 1.02kg-m/5250rpm 変速機CVT 燃料タンク容量10L■タイヤサイズF=90/80-16 R=90/90-12×2 ●価格:91万3000円

PIAGGIO Mymoover
PIAGGIO Mymoover

PIAGGIO Mymoover [写真タップで拡大]

PIAGGIO Mymoover
PIAGGIO Mymoover

PIAGGIO Mymoover [写真タップで拡大]

PIAGGIO Mymoover
PIAGGIO Mymoover

PIAGGIO Mymoover [写真タップで拡大]

PIAGGIO Mymoover

PIAGGIO Mymoover [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース