教えてネモケン|RIDE HI

【Q&A】ネイキッドと比べて、スーパースポーツのシートはなぜあんなに薄いのですか?

昔ながらのネイキッドのシートは厚みもあり、形状もフラットですが、スーパースポーツは特殊な形状をしています。前方は狭いのに後方は広がっていて、しかもかなり薄い形状です。スポーツ走行に優位な形状なのでしょうが、どんなメリットがあるか教えてください。

●文: ライドハイ編集部(根本健) ●写真: 真弓悟史

A.独特のカタチは、コーナリングを最優先した結果

確かにスーパースポーツのシートは、クッション部分が薄くて快適そうには見えません。ただシートの厚みだけで、快適性をはかるのはちょっと違います。本格的な長距離を意識したツーリングバイクは、意外に厚くありません。長時間走ることを考慮していることはもちろん、高速道路やワインディングなど様々なシチュエーションで疲れない工夫が凝らされているからです。むしろ2本サスの昔ながらのネイキッドなどは、いかにもオートバイらしいデザインを意識したカタチとして、シンプルで厚みのあるパッセンジャー部分まで繋がった形状となっています。

それはともかく、スーパースポーツのシート形状のナゼ? を解説していきましょう。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報