上質さは今でも超一流!

日本では本当にもう買えない? カワサキ「ニンジャZX-14R」2022年モデルが北米に登場!

カワサキは北米で2022年モデルを一挙に発表した。新しいカラーリングのZ900RSカフェやニンジャ650などが目白押しだが、日本や欧州とは排ガス規制が異なることから生き残っているモデルもいくつかある。2019年に国内ファイナルモデルとして入荷されたニンジャZX-14Rは好例だろう。復活の噂もある……?

1441cc、自然吸気のモンスターは北米で健在!

メガスポーツと呼ばれるカテゴリーでは、今年の4月にスズキ「ハヤブサ」が新型になって復活し、大きな話題となったのが記憶に新しいところだが、最大のライバルとされるカワサキ「ニンジャZX-14R(Ninja ZX-14R)」も北米向けモデルは生き残っている。

1441ccの並列4気筒を搭載するニンジャZX-14Rは、998ccスーパーチャージドエンジンのニンジャH2シリーズに取って代わられたかに思えるが、新幹線のグリーン車に乗っているかのような上質感や自然吸気ならではの太く柔らかいトルク特性には、今も14R独自の長所がある。

ハイパフォーマンスなエンジンを搭載するアルミモノコックフレームに、2つのパワーモードやON/OFF可能かつ3段階に調整可能なカワサキトラクションコントロール(KTRC)、ABSなど、電子制御も最新レギュレーションに沿ったものを標準装備している。アシストスリッパークラッチやブレンボ製モノブロックキャリパー、といった装備も一流だ。

これがユーロ5に適合して再び日本でも買えるようになれば……と思わずにはいられないが、どうやらその復活の芽があるのではという噂も。しっかりとした情報としてお届けできるレベルではないが、可能性はゼロではないようだ。これについては引き続き情報を収集していきたい。

KAWASAKI Ninja ZX-14R[U.S. 2022 model]

【KAWASAKI Ninja ZX-14R[U.S. 2022 model]】主要諸元■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 1441cc 最高出力未発表 変速機6段 燃料タンク容量5.8ガロン(約22L)■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 ●北米価格:1万5399ドル(約169万円) ※諸元は北米仕様

KAWASAKI Ninja ZX-14R[U.S. 2022 model]

KAWASAKI Ninja ZX-14R[U.S. 2022 model]Pearl Storm Gray / Metallic Diablo Black [写真タップで拡大]

KAWASAKI Ninja ZX-14R[U.S. 2022 model]

KAWASAKI Ninja ZX-14R[U.S. 2022 model]Pearl Storm Gray / Metallic Diablo Black [写真タップで拡大]

KAWASAKI Ninja ZX-14R[U.S. 2022 model]

KAWASAKI Ninja ZX-14R[U.S. 2022 model]Pearl Storm Gray / Metallic Diablo Black [写真タップで拡大]

KAWASAKI Ninja ZX-14R[U.S. 2022 model]

KAWASAKI Ninja ZX-14R[U.S. 2022 model] [写真タップで拡大]

KAWASAKI Ninja ZX-14R[U.S. 2022 model]

KAWASAKI Ninja ZX-14R[U.S. 2022 model] [写真タップで拡大]

KAWASAKI Ninja ZX-14R[U.S. 2022 model]

KAWASAKI Ninja ZX-14R[U.S. 2022 model] [写真タップで拡大]

KAWASAKI Ninja ZX-14R[U.S. 2022 model]

KAWASAKI Ninja ZX-14R[U.S. 2022 model] [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報