24年目のビッグ草レース「もて耐」エントリーは7/20まで【8/21〜22開催】

24年目のビッグ草レース「もて耐」エントリーは7/20まで【8/21〜22開催】

“世界最大の草レース”を標榜する「もて耐(=もてぎ7時間耐久ロードレース)」が、’21年もツインリンクもてぎ(栃木県)で開催される。’20年は新型コロナ禍の影響で規模が縮小されたが、‘21年は参加者数もレース時間も例年どおりを予定している。

●写真:佐藤寿宏

申込は7月20日まで。出るなら手続きを急げ!!

’98年の開催当初から23回を数えるアマチュアレーサーの祭典「もてぎ7時間耐久ロードレース」が、21年もツインリンクもてぎで開催される。’20年は新型コロナ禍で3時間耐久のみとなったが、’21年はメインイベントの7時間耐久も行われる予定だ。

このもて耐、125㏄以上ならOKという無差別級レース(排気量差を埋める給油制限は実施)だったが、250cc車(+主催者の公認車両)を中心とするルールに変更。’20年からはより身近な3時間耐久も設定するなど、”世界最大の草レース”を目指し、アマチュアが楽しめる方法を模索し続けている。

参加申込はWEBから可能で、締切は7月20日まで。仲間とともに参戦すれば、忘れられない今夏の思い出となるのは間違いない。出るなら手続きを急ぐべし!!

24年目のビッグ草レース「もて耐」エントリーは7/20まで【8/21〜22開催】

[写真タップで拡大]

24年目のビッグ草レース「もて耐」エントリーは7/20まで【8/21〜22開催】

[写真タップで拡大]

24年目のビッグ草レース「もて耐」エントリーは7/20まで【8/21〜22開催】
24年目のビッグ草レース「もて耐」エントリーは7/20まで【8/21〜22開催】

【ホビーレーサーが250cc級マシンで競う】コースはもてぎフルコースと本格的だが、参加車両は250cc級の市販車でライダーもアマチュア主体。手軽に楽しめる体験型レースだ。参加車両はYZF-R25やニンジャ250などの市販250cc車(2気筒以下)が中心。車両価格も手頃で消耗品などのコスト面でも優しい。改造範囲や車種で細かくクラス分けされており、多くのライダーに表彰台のチャンスがある。 [写真タップで拡大]

もて耐|ヤングマシン参戦|B.S.C with Young Machine

【今年もヤンマシG310が参戦!】もて耐にはヤングマシンも参戦中。車両は主催者公認で参加OKなBMW G310R(313cc)にエーテック製カウルを装着したG310SSで、‘19年にはクラス優勝も達成。今年も「B.S.C with Young Machine」として再び頂点を目指す! [写真タップで拡大]

もて耐開催インフォメーション

開催場所

  • ツインリンクもてぎロードコース(4.8km)

開催スケジュール

  • 8月20日(金):参加受付/公式車検/特別スポーツ走行
  • 8月21日(土):公式予選/3時間決勝レース
  • 8月22日(日):7時間決勝レース

参加可能車両

  • 115cc以上250cc以下(NST-G310クラス除く)
  • 4ストローク2気筒エンジン以下(例:CBR250R/YZF-R25/Ninja250/VTR250/G310Rなど)

必要ライセンス

  • 3時間決勝レース:MFJロードレース・ジュニアライセンス以上
  • 7時間決勝レース:MFJロードレース・国内ライセンス以上

参加費用(1台・税込)

  • 3時間決勝レース:3万5000円(ライダー3名)~5万円(ライダー5名)
  • 7時間決勝レース:5万7000円(ライダー3名)~9万5000円(ライダー5名)

申込方法

参加申込締切

  • 7月20日(火)※必着

問い合わせ先

  • ツインリンクもてぎ モータースポーツ課内“もて耐”事務局:〒321-3597 栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1 TEL:0285-64-0200 FAX:0285-64-0209


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報