YMショートニュース

ZX-25Rが’21シーズンJP250参戦可能に!【レース規則改訂で4気筒車も認可】

ZX-25Rが'21シーズンJP250参戦可能に!【レース規則改訂で4気筒車も認可】

250㏄クラスの公道市販車で争う、全日本JP250の’21年度競技規則が’20年12月15日に発表され、現行モデル唯一の250cc直4を搭載するカワサキ ニンジャZX-25Rの参戦が正式に認可された。

JP250は、全日本選手権と併催する形で’16年から開幕。単気筒200〜300cc、2気筒200〜250ccの公認車両(ともに4スト)のみ参戦が認められてきた。そんな中、’20年9月に4気筒のZX-25Rが登場。来季からの参戦に注目が集まっていたが、晴れてOKとなった。

ただしZX-25Rにはハンデが設定される。ライダー込みの最低重量が2気筒より+20kgの220kgに。音量測定回転数(105dB)は高めの1万1500rpmで、CBR250RRら2気筒のライバルに比べ、パワーを絞り出すのは不利となる。これらハンデはまだ模索中の段階で、2戦ごとに見直し、2気筒と4気筒との性能バランスを図るという。

ZX-25Rが'21シーズンJP250参戦可能に!【レース規則改訂で4気筒車も認可】
[写真タップで拡大]

ちなみにCBR250RRは車重168kg、最高出力41ps/13000rpm。25Rは184kgで、45ps/15500rpmだ。

現在のJP250はCBR250RRの一強状態で、4年連続タイトルを獲得。4気筒の参戦でより熱いバトルが展開されるのは必至だ。4月4日、もてぎの開幕戦決勝に注目したい。

ZX-25Rが'21シーズンJP250参戦可能に!【レース規則改訂で4気筒車も認可】
[写真タップで拡大]

’20年11月、SPA直入の5時間耐久では25Rがレース初参戦。見事優勝を飾った。軽さの2気筒vsパワーの4気筒の勝負はいかに?


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報