昨年は延期の末に中止されている

“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第43回大会が2021年11月に延期

●写真:モビリティランド ※トップ画像は「2018-2019 FIM世界耐久選手権最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第42回大会」のもの

モビリティランドは、2021年7月15日(木)~18日(日)に鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で開催予定だった「2021 FIM世界耐久選手権 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第43回大会」について、国内外における新型コロナウイルスの感染拡大状況や、出入国規制をはじめとする各地域での防止対策を踏まえ、11月5日(金)~7日(日)に延期することを決定したと発表した。

なお、併催予定だった「鈴鹿4時間耐久ロードレース」は開催中止となる。また、当初11月6日(土)・7日(日)に予定しいた「2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦 第53回 MFJグランプリ スーパーバイクレースin鈴鹿」の開催日程を、7月17日(土)・18日(日)に変更し「2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第5戦 第53回 MFJグランプリ スーパーバイクレースin鈴鹿」として開催する。

同時に、2021年8月19日(木)~22日(日)に、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で開催予定だった「2021 第49回サマーエンデュランス BHオークション SMBC 鈴鹿10時間耐久レース(SUZUKA 10H)」については、本年の開催を中止することを決定したと発表している。

「2021 第49回サマーエンデュランス BHオークション SMBC 鈴鹿10時間耐久レース(SUZUKA 10H)」は本年の開催を中止。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報