JP250とST600では卒業生が優勝

56RACINGの若武者が全日本ロード第4戦筑波に出場! アッセンTTには卒業生がスポット参戦

2021年6月19日、20日に開催された全日本ロードレース選手権・第4戦筑波に、中野真矢さん率いる56RACINGが参戦。2人の中学生ライダー、小田喜 阿門選手、山根 昇馬選手は決勝レースで一桁順位に入るなど、好成績で完走した。

ウェットの第1レース、ドライの第2レースともに完走!

元MotoGPライダーの中野真矢さんが主宰する『56RACING』は、若手育成を目的とした活動を続けるレーシングチームで、2020年からは当時中学校への入学目前だった小田喜 阿門(おだきあもん)、山根 昇馬(やまねしょうま)の両選手をミニバイクレースから育てるというチャレンジを開始。コロナ禍に見舞われながらも同年後半には好成績を収め、小田喜選手は史上最年少12歳で全日本ロードレース選手権・J-GPクラスに参戦(10月18日ツインリンクもてぎ)する快挙を成し遂げている。

今年の4月に揃って中学2年生となった両選手は、5月9日にスポーツランドSUGOで行われた『SUGOロードレース選手権 第1戦』に出場し、ワンツーフィニッシュの好成績。特別参加枠での参戦となった5月23日決勝の全日本ロードレース選手権・第3戦スーパーバイク in SUGOでも、ウエットパッチが残るなかドライタイヤでスタートし、後方から追い上げて小田喜選手12位、山根選手13位でゴール。出走25台中、完走は18台というサバイバルレースを無事に完走した。

そして今回、2021年6月19日および20日開催された全日本ロードレース第4戦筑波にもJ-GP3特別参加枠にて2名が参戦。土曜日(19日)に行われた第1レースはウェットコンディションとなり、#51小田喜阿門選手が総合9位(クラス2位)、 #53山根昇馬選手が総合17位(クラス3位)となった。

全日本ロードレース第4戦筑波、第1レースで総合9位、第2レースで総合11位に入った#51小田喜阿門選手。 [写真タップで拡大]

第1レースで総合17位、第2レースで総合19位に入った#53山根昇馬選手 [写真タップで拡大]

日曜日(20日)の第2レースはドライコンディションとなり、スタートから終始攻め続けた小田喜選手が最終ラップに2台をかわして見事総合11位(クラス優勝)。山根選手も最終ラップに順位を上げて総合19位(クラス2位)となった。なお、今回は両選手の通う中学校の校長と担任の教諭が初めてレースの見学に訪れ、モータースポーツへの理解を深めるという有意義なレースウィークとなっている。

他のクラスでも、56RACING卒業生の梶山采千夏選手がJP250にRankUp WingStoneから出場し、両ヒートともにナショナルクラスで優勝。ST600ではMuSASHi RT HARC-PRO.の埜口遥希選手が第2レースで優勝。埜口選手はこのクラスで嬉しい初優勝だ。そして、今週末はMotoGP アッセンTTに、同じくOBライダーの松山拓磨選手が、Moto3クラスにワイルドカード参戦する!

ST600の第2レースで優勝した埜口遥希選手。 ●写真:MuSASHi RT HARC-PRO [写真タップで拡大]

梶山采千夏選手はJP250のナショナルクラスでダブルウィンを成し遂げた。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

今週末開催のアッセンTTにワイルドカード参戦中の松山拓磨選手は、FP1で27位、FP2で25位、FP3で18位と着実に順位を上げてきている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報