足着きも取りまわしも自由自在!

この質感で110万円/121万円! AT免許でも乗れる「レブル1100」DCT版が3/11に先行発売

●文:ヤングマシン編集部

ホンダはベストセラー国産クルーザーのオーバー1000cc版、レブル1100 DCT(REBEL 1100 DCT)を2021年3月11日(MTは5月13日)に発売する。レブル250/500とともに撮影&実車に触れることができたので、1stインプレッションとともに詳細をお届けしたい。同時に映像レポートも掲載する。

車両別アーカイブ:レブル1100

“キング”レブルは筋肉質なデザインで質感も高い! なのに足着きはレブル250並み

レブルざんまい! そんなオープニングで始まる映像レポートをフリーライターの谷田貝洋暁さんがお届けしているので、後程ご覧いただきたい。

ホンダのレブルといえば、2018年~2020年の3年連続でレブル250(単気筒エンジン搭載)が軽二輪クラスの販売台数トップに輝き、文句なしのベストセラーとなったことは記憶に新しい。兄弟車にはフレームや足まわりを共有するレブル500(エンジンは並列2気筒)があり、幅広いライダーに支持されている。

そんなレブルシリーズに、CRF1100Lアフリカツインをベースとしたエンジンを搭載する、キングレブルことレブル1100が登場した。正式発表は2020年12月で、大型二輪AT限定免許でも乗れるDCT仕様は2021年3月11日に121万円で、そしてMT仕様は110万円で2021年5月13日に発売される。

車重は、このクラスとしては軽量な223kg(MT)/233kg(DCT)で、ホイールベースは250/500からプラス30mmの1520mm。全長は同様にプラス35mmの2240mmだ。さらに、シート高はプラス10mmの700mm。正式発表時に判明したこれらの数値から、レブル1100はかなりコンパクトで扱いやすそうだということが想定できた。

実車を目の前にすると、燃料タンクやエンジンまわりのマッシブなデザインから、大型バイクらしい迫力が感じられる。前輪は18インチと大径で、フロントブレーキはシングルのφ330mmディスクを採用しており、スタイリングの印象はけっこう250/500と異なる。

しかし、実際に触れて跨ってみると、意外なほどコンパクト。足着き性は250/500比でわずかに高くなったシート高の影響はあるものの、大きな差はないように感じられた。ハンドルバーはやや開き気味で、ステップ位置も250/500に比べれば少し遠いが、コンパクトといって差し支えない範囲に収まっている。

ホンダ レブル1100

レブル1100のライディングポジション。シート高は700mmで、172cm/75kgの純日本人体形でも膝が余裕で曲がるくらいの足着きだ。レブル250/500比でややハンドルとステップが遠く、同行した184cmの大柄なライダーでも窮屈さは感じなかったという。 [写真タップで拡大]

ホンダ レブル250

こちらはレブル250。500も基本的な車体寸法は同じ。シート高は690mmだ。 [写真タップで拡大]

取りまわしについても、170kgのレブル250や190kgのレブル500に比べれば動き出しにそれなりの重さは感じるが、1100クラスのクルーザーと考えれば軽いほう。前輪が不自然に切れ込むこともなく、不安はない。

アフリカツイン比でクランクマスを32%増量した並列2気筒エンジンや、50~160km/hで設定可能なクルーズコントロール、プリセット3種+マニュアル設定のホンダセレクタブルトルクコントロール(トラコンの一種)など、実際に試乗してのインプレッションは近日中にお届けできる予定だ。

ホンダ レブル1100

ヘッドライトは250/500と共通イメージのLED4灯だが、周囲にイカリングを追加。フロントフォークのインナーチューブには酸化チタンコーティングが施されている。 [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100

CRF1100Lアフリカツインの並列2気筒エンジンをベースにクランクマスを32%増量し、豊かな低速トルクを追求。写真のマニュアル6速仕様と、デュアルクラッチトランスミッション(DCT)6速の仕様がある。 [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100

モード設定などは左手元スイッチで。グリップヒーターは標準装備だ。DCT仕様はさらにシフト操作用の+/-スイッチも設置される。 [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100

クルーズコントロールは右手元のスイッチで。50~160km/hに設定可能だという。 [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100

シートは肉厚で快適そう。長距離走行でのインプレッションは試乗記事をお待ちいただきたい。メインシートはキーで開閉でき、3Lの小物入れスペースを備えている。ちなみにETC2.0車載器も標準搭載。 [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100

レブル250/500と共通イメージとなる、丸パイプのスイングアーム。デザイン性を高めながらコストも抑制している。 [写真タップで拡大]

HONDA REBEL 1100 / Dual Clutch Transmission(DCT)[2021 model]

【HONDA REBEL 1100 / Dual Clutch Transmission(DCT)[2021 model]】主要諸元■全長2240 全幅850[830] 全高1115 軸距1520 最低地上高120 シート高700(各mm) 車重223kg[233kg](装備)■水冷4ストローク並列2気筒SOHC4バルブ 1082cc 87ps/7000rpm 10.0kg-m/4750rpm 変速機常時噛合式6段[電子式6段] 燃料タンク容量13L■キャスター28°/トレール110mm ブレーキF=φ330mmディスク+4ポットキャリパー R=φ256mmディスク+1ポットキャリパー タイヤサイズF=130/70-18 R=180/65-16 ※[ ]内はDCT ●価格:MT=110万円/DCT=121万円 ●色:黒、赤(MT/DCTとも) ●発売日:MT=2021年5月13日/DCT=2021年3月11日

HONDA REBEL 1100 Dual Clutch Transmission(DCT)[2021 model]

HONDA REBEL 1100 Dual Clutch Transmission(DCT)[2021 model]ガンメタルブラックメタリック [写真タップで拡大]

HONDA REBEL 1100 / Dual Clutch Transmission(DCT)[2021 model]ボルドーレッドメタリック

HONDA REBEL 1100[2021 model]ボルドーレッドメタリック [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

ホンダ レブル1100の価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ホンダ レブル1100

ホンダ レブル1100

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 15価格種別 中古車 0

本体

115.13万円

価格帯 110~121万円

本体価格

本体

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

8.27万円

価格帯 7万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

123.41万円

価格帯 117~128万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
WEBヤングマシン|最新バイク情報