人気のヘリテイジモデルはシブい配色

カワサキ’21モデルの新色はほぼ出揃った!〈後編|Z900RS/W800/バルカンS〉

カワサキ’21モデルの新色はほぼ出揃った!〈後編|Z900RS/W800/バルカンS〉

●文:ヤングマシン編集部(沼尾宏明)

Z900RS/カフェ:ゼファー風ツートーンが追加

’18年の登場以来、ベストセラーに輝くZ900RS/カフェに新色が設定された。RSは黒ベースに銀の水平ストライプを採用。シックながらスピーディな配色は、’05ゼファーシリーズがモチーフと見られる。従来色の黒を廃し、緑×黄は継続だ。カフェは、黒に茶色のグラデーションを配した激シブ色が登場し、2→1色設定となった。

カワサキZ900RS
カワサキZ900RS

【KAWASAKI Z900RS】■水冷4スト並列4気筒 948cc 111ps/8500rpm 10.0kg-m/6500rpm 215kg シート高800mm 17L ●色:黒×銀 緑×黄 ●価格:135万3000円 [写真タップで拡大]

カワサキZ900RSカフェ

【KAWASAKI Z900RS CAFE】●色:黒×茶 ●価格:138万6000円 [写真タップで拡大]

W800:現代の最新Wシリーズはいずれも衣装替え

’21年モデルのW800シリーズは、STD/ストリート/カフェいずれもカラーリングが変更された。

【’21 KAWASAKI W800】カフェ、ストリートに続き、’19年12月に遅れて登場したSTD。フロント19インチや各部メッキパーツなど、もっともレトロな装いを持つ現代版ダブワンだ。’21年型では、従来の緑に替わり、深みのあるメタリックオーシャンブルーを投入した。■空冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 773cc 52ps 6.3kg-m ■226kg シート高790mm 15L ■タイヤF=100/90-19 R=130/80-18 ●価格:110万円 [写真タップで拡大]

カワサキW800ストリート

【’21 KAWASAKI W800 STREET】オーソドックスながら、街中に溶け込むモダンスタイルが魅力のストリート。3車中もっともアップハンドルでシート高も低い。’21では艶消し黒に替わって、マットグレーが登場した。センターのオレンジストライプが小粋! ●価格:101万2000円 [写真タップで拡大]

カワサキW800カフェ

【’21 KAWASAKI W800 CAFE】’19年2月、復活したW800に新追加されたカフェ仕様。ビキニカウルのほか、スワローハンドルとシングル風シートが特徴だ。’21は車体色を一新。灰×黒ボディに、緑色のシート表皮+エンジンカバーの配色がイカす! ●価格:113万3000円 [写真タップで拡大]

バルカンS:国内は新色の深入りブルーのみ

ニンジャ/Z650と同系のパラツインを搭載した都会派クルーザー。’21では、従来色のツヤ消し紫に変わり黒×青を導入した。黒地にペイント風の青が載る、凝ったカラーだ。欧州に存在するツヤ消し灰と黒は導入されず、1色のみの設定。

カワサキ バルカンS

【KAWASAKI VULCAN S】■水冷4スト並列2気筒 649cc 61ps 6.4kg-m 229kg シート高705mm 14L ●価格:85万8000円 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報