黄信号もあるが対応モデルも多く

次期排ガス規制クリア? 絶版? ’20-’21新車バイク動向予想〈大型ツアラーモデル編〉

  • 2020/11/20

外国車勢:ハーレー、BMW、ドゥカティ、トライアンフの注目モデルは?

ハーレーダビッドソン スポーツスターシリーズ [ユーロ4]:日本の最量販シリーズ、終了→続投へ?

883ccまたは1202ccの空冷Vツインを積み、軽快さが魅力のスポーツスターシリーズ。日本では大人気だがアメリカ本国の支持は薄く、モデル数も4種に減少している。さらに今後、新型が続々登場するとあって、「’20モデルがラスト」との情報が流れていた…が、ブロンクスが消滅したため’21も続投との噂も。果たしてどうなる?

ハーレーダビッドソン アイアン1200

【HARLEY-DAVIDSON IRON 1200】 ■空冷4ストV型2気筒1202cc 9.7kg-m/3500rpm ■車重256kg ●色:黒 銀 青 ●価格:139万4800円〜

[写真タップで拡大]

チョッパー風の本作を含め国内では7モデルを擁するスポーツスターシリーズ。OHV空冷Vツインという基本設計は’80年代から不変で、規制対応には大胆なメスが必要だろう。

一方で、新設計ビッグツインのミルウォーキーエイトエンジンは、’17年からツーリングやソフテイルファミリーに順次採用。空冷OHVながら4バルブや電子制御スロットルを備えるなど、ユーロ5を想定した設計だ。

[写真タップで拡大]

油冷ヘッドを採用し、高熱となる排気バルブの間にオイルラインを設置。水冷ヘッドもある。

ハーレーダビッドソン ウルトラリミテッド

【HARLEY-DAVIDSON ULTRA LIMITED】ミルウォーキーは1746ccと1868ccの2本立て。本作はツーリング系の旗艦で、水冷ヘッドを採用。オーディオほか数々の豪華装備を誇る。■空水冷4ストV型2気筒1868cc 16.3kg-m/3000rpm ■車重416kg ●色:黒 銀 茶ほか ●価格:397万1000円〜

BMW R1250RT [ユーロ5]:シフトカム機構を搭載

BMWを象徴するボクサーツインを積む快速ランナー・R1250GT。1250ccシフトカムで同系のR1250RSに続き、’21モデルで規制適合した。

BMW R1250GT

【BMW R1250GT】■1254cc 136ps 14.5kg-m ■車重290kg ●色:紺 カーキ 赤 白 茶 ●価格:286万3000円~ ※諸元と写真は’20モデル

BMW K1600シリーズ [ユーロ4]:唯一無二の直6危うし!

シルキーさが美点の並列6気筒を現行車で唯一搭載するK1600。’20年8月にドイツ本国で’21が発表されたが、色変更などで規制適合はなし。このままでは生産終了の憂き目に…。

BMW K1600シリーズ

【BMW K1600 SERIES】■1648cc 160ps 17.8kg-m ■車重350kg ●色:緑 黒 紺 茶ほか ●価格:315万6000円~ ※諸元はB

ドゥカティ ディアベル1260/S [ユーロ4]:最新Lツインだけに安泰

’11デビューのマッシブクルーザーで、’19年に全面刷新したディアベル1260/S。可変バルブタイミング機構=DVTを備えた最新の水冷Lツインを有し、小変更で規制対応可能だろう。

ドゥカティ ディアベル1260/S

【DUCATI DIAVEL1260/S】■1262cc 159ps 13.2kg-m ■車重244kg ●色:灰 黒/赤 黒 ●価格:236万5000円/2755000円 ※諸元はS

トライアンフ ロケット3R [ユーロ5]:世界最大2輪!

市販バイク最大排気量となる2458cc縦置き3気筒を搭載し、’20にデビューしたロケット3R。’04年発売の前作を徹底改良&164ccアップしており、規制適合も果たした。

トライアンフ ロケット3R

【TRIUMPH ROCKET3R】■2458cc 167ps 22.5kg-m ■車重318kg ●色:赤 黒 ●価格:265万3000円

[写真タップで拡大]

【コロナ禍でユーロ5適用延期の可能性が!?】規制強化に関する話題をさんざん続けてきたが、なんとユーロ5の適用時期が延期される可能性も出てきた。欧州は新型コロナで深刻な被害を受け、各国でロックダウン(都市封鎖)を実施したことは記憶に新しい。当然バイクショップは営業できず、現行車の大半を占めるユーロ4モデルの販売が妨げられてしまった。そこでイタリアの2輪車産業協会や英国の業界団体(MCIA)は、’21年1月から全面適用となるユーロ5を1年ほど延期するよう欧州委員会に要求。バイクメーカーにしても「コロナで開発が遅延している」と聞く。’17年にユーロ4が全面適用された際は、一定数の車両に2年間の販売が許可されたが、今回も同様。もし適用が延期されれば、この猶予期間も伸びることになる。動向を見守りたい。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:
1

2

3