オトナも唸る上質ライトウエイト

YZF-R25アクティブカスタム【自由自在にして軽快なハンドリングを獲得】

  • 2020/11/14
YZF-R25アクティブカスタム【自由自在にして軽快なハンドリングを獲得】

●文:中村友彦 ●写真:山内博央 ●取材協力:アクティブ

車体を中心とした大改革で、運動性と質感に磨きをかける

「今どきの4スト2気筒250ccスポーツは初心者/女性/サーキット指向のライダー用」、世の中にはそう考える人がいるらしい。でもアクティブのYZF-R25カスタムに乗ったら、そのイメージはガラリと崩れるはずだ。同社のオリジナル/取り扱いパーツを導入したR25は、酸いも甘いも知り尽くしたベテランでも虜になりそうな、上質なライトウエイトスポーツなのだから。

YZF-R25 アクティブカスタム

前後ホイール/ブレーキディスク/マスターシリンダー/キャリパーはゲイルスピードで統一。アクラポヴィッチのスリップオンマフラーは4万1800円。

軽快なハンドリングを実現するゲイルスピードのアルミ鍛造ホイールや、スポーティな特性のハイパープロ製フォークスプリング&リヤショック、戦闘意欲をかき立てるセパレートハンドル&バックステップなど、同社のYZF-R25カスタムにはさまざまな魅力があるものの、筆者が今回の試乗で初めて体験し、その効能に感心したのは、フロントブレーキ用のラジアルマウント式対向2ピストンキャリパーと、左手親指で操作するリヤブレーキ用のサムマスターだ。

ゲイルスピードの新作となるこの2アイテムに関して、まずは前者を説明すると、驚いたのはコーナー進入時の減速のコントロール性。曖昧気味なノーマル車とは異なり、狙った速度にピタッと落とせるので、安心して旋回姿勢に入れるし、そこからの調整も自由自在なのである。一方のサムマスターは、リヤブレーキが使いにくい右コーナー中盤~後半で、車体姿勢の安定化に実に有効で(大型車ならその印象がさらに強くなりそう)、量産車がこの機構を採用しないことが何だか不思議に思えてきた。

いずれにしても今回の試乗で、スポーツバイクの面白さに排気量やエンジン形式などがあまり関係ないことを改めて実感した次第。と言うより個人的には、兄貴分のR1やR6よりもアクティブR25の方が楽しかったかも…!?

YZF-R25 アクティブカスタム
[写真タップで拡大]
YZF-R25 アクティブカスタム
[写真タップで拡大]

【ゲイルスピード サムブレーキマスターシリンダーφ12:リヤブレーキを左手親指でコントロール】左手親指でリヤブレーキを操作するサムマスターは、’90年代初頭からレース界で徐々に普及。アクティブがこのパーツの開発に着手したのは数年前で、サーキットでの入念なテストを経て発売。●価格:5万2800円

YZF-R25 アクティブカスタム
[写真タップで拡大]
YZF-R25 アクティブカスタム
[写真タップで拡大]

【ゲイルスピード エラボレート フロントキャリパー 2ピストン:モト3対応のラジアル2P】ラジアルマウント式2ピストンキャリパーは、鍛造素材を用いた3D切削2ピース構造。アルミ製ピストンにはカシマコートが施されている。ボルトピッチは60mm。締結ボルトはSCMとチタンとの2種を設定。●価格:6万8200円~

[写真タップで拡大]

ゲイルスピードのステップとビルドアラインのカラードホースは試作品。リヤショックとフォークスプリングはハイパープロ(セット価格15万9500円)。

[写真タップで拡大]

スポーティなライディングに貢献するセパレートハンドルは、アクティブのオリジナル(2万2000円)。ハイスロットルと右スイッチも同社製だ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2