往年の雰囲気に捉われない現代版を製作

KATANAアクティブカスタム【上質な乗り味を重視し自由自在な操縦安定性を獲得】

  • 2020/11/9
KATANAアクティブカスタム【上質な乗り味を重視し自由自在な操縦安定性を獲得】

往年の雰囲気に捉われず、現代の技術を投入

アクティブが製作したKATANAカスタムのコンセプトは、STDの資質に磨きをかけること。低く構えたスタイルや大型化されたスクリーンからは、往年のカタナの再現という意識が窺えるものの、同社が最も重視したのは、ワインディングロードでの運動性能。もちろんKATANAはSTDでもスポーツライディングが楽しめるのだが、アクティブのデモ車はSTDより1ランク上…と言いたくなる、自由自在で上質な乗り味を獲得していた。

アクティブ KATANA

ハイパープロのフロントフォークスプリングとリヤショックのセット「ストリートボックス」はKATANA用で16万9400円。アルミ鍛造の前後ホイールやブレーキ周辺はゲイルスピード。

[写真タップで拡大]

ハイパープロのフロントフォークスプリングとリヤショックのセット「ストリートボックス」はKATANA用で16万9400円。アルミ鍛造の前後ホイールやブレーキ周辺はゲイルスピード。

軽快なフットワークを実現するゲイルスピードのホイール/ブレーキや、重厚な排気音のアクラポヴィッチのスリップオンマフラー、ナンバーを移設するフェンダーレスキットなど、アクティブのデモ車は注目すべき要素が多いものの、中でも筆者が感心したのは、ライディングポジション関連部品と前後ショック。上半身が適度に前傾するローポジションバーハンドルとホールド感が抜群のバックステップのおかげで、マシンとの一体感は格段に向上しているし、ハイパープロのフォークスプリング&リヤショックの効果で、コーナリング中に感じる手応えや路面の凹凸の吸収性は、STDとは完全な別モノになっていた。

前述したように、アクティブがこのデモ車で最も重視したのは運動性能だが、各部のカスタムによって獲得した美点は、市街地走行やツーリングでも大きなプラス要素になるはずだ。

[写真タップで拡大]

往年のイメージを再現したGSX1100Sスクリーン&ステーセットは2万6400円。純正然としたモールが付属。

[写真タップで拡大]

ボルトオンで装着が可能なローポジションバーハンドル(1万3200円)は、全高がSTDの73.3mmから39.4mmに下がってタレ角が付き、絞り角も25→28.4度に変化。ハンドルの切れ角はSTDと同角度を確保している。

[写真タップで拡大]

キャリパーは前後ともゲイルスピード(前10万7800円、後7万400円 各1個)。ビルドアラインのメッシュホースは既存のクリアと黒に加え、赤/青/黄/緑/橙を新設定。フロントのダブルディスク用で3万6300円(予価)。

[写真タップで拡大]

フロントウインカー&ラジエターシュラウド(3万3000円)はLEDウインカーも同梱。

[写真タップで拡大]

ゲイルスピードのフットコントロールキットは4ポジション式。ヒールプレートは日本刀をイメージ。7万4800円。

[写真タップで拡大]

アクラポヴィッチのスリップオンチタンサイレンサー(11万8800円)はJMCA認証。

[写真タップで拡大]

フェンダーレスキット(2万9700円)でナンバーを移設。LEDのナンバーサイド式ウインカーは1万7600円。

●文:中村友彦 ●写真:山下博央 ●取材協力:アクティブ
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2