ナンバーのマウント方法も変更

【映像】ヤマハ新型MT-09か…欧州でティーザー開始! 排気量アップ&フレーム刷新も確実

  • 2020/10/21
ヤマハ新型MT-09か

ヤマハが欧州でティーザーを開始! 「日本のダークサイド」を謳うマシンが夜を走り、その姿が細切れに映し出される。ダークサイド・オブ・ジャパンといえば、MT-09が最初に登場した時のキーワードだ。ユーロ5準拠のニューエンジンとともにフルモデルチェンジか?!

MT-25系とも違うフェイスまわり、スイングアームマウントをやめたナンバーホルダー、そして新型エンジン……?

欧州ヤマハが公開したティーザー映像は、わずか24秒。細切れに編集された映像の中に断続的に映し出されるマシンは、新型MT-09と見て間違いないだろう。「日本のダークサイド=Dark Side of Japan」のキーワードは、初代MT-09が登場した時に使われた言葉そのものだ。

まずはヘッドライトのアップから始まり、ツリ目のデイタイムランニングライト=DRLによる鋭い眼光と、その中央に配置されたプロジェクタータイプの1眼メインライトが形作る表情が確認できた。そしてフレームの透過図のようなものでは、ツインスパーっぽくなったようにも思えるアルミフレームや両持ちのテーパードスイングアーム、そしてナンバープレートホルダーがスイングアームマウントから通常のシートカウルマウントへと戻された様子が見て取れる。

意味深に映し出されたピストン&コンロッドからは、ユーロ5準拠に向けてエンジンに手が入ることも示唆されている。ドイツの政府機関に提出された認証登録データには排気量890ccと記されていたことから、排気量アップの可能性は高い。

ヤマハ新型MT-09か

逆ハの字のDRL(デイタイムランニングライト)はかなりのツリ目。センターにはプロジェクタータイプと思われるメインライトが鎮座する。

ヤマハ新型MT-09か

こちらが注目のフレーム透過図。現行モデルのMT-09よりもシンプルかつ骨太のフレームに見える。スイングアームもテーパー状で、形状は太くよりシンプルに。スイングアームマウントだったナンバープレートホルダーは普通のシートカウル後端に移設されるようだ。

ヤマハ新型MT-09か

エンジンに手が入ることを示唆すると思われるピストン&コンロッド。コンロッドはYZF-R1と同様のカチ割りタイプか。

また、クロスオーバーの派生機種、トレーサー900も同時にフルモデルチェンジが行われそうだ。

映像の最後には「Coming Soon」の文字、そしてYamaha Motor EuropeのSNSには「The darkness just got more exciting. Get ready for the coming weeks.」とも。すなわち、ここ数週間以内の正式発表を予告しているとみていいだろう。遅くとも、中止になったEICMA 2020が開催されていたとすればプレスデーに当たる11月4日までには、その姿が明らかになるはずだ。

ヤマハ新型MT-09か

一瞬だけ映し出されるヘッドライトまわり。

ヤマハ新型MT-09か

そして走り去る……。ウインカーまわりの造形もシャープだ。

ヤマハ新型MT-09か

日本のダークサイド(Dark Side of Japan)にダークエナジーの文字。

ヤマハ新型MT-09か

The darkness just got more exciting. Get ready for the coming weeks. 「よりエキサイティングに。来たるその時に備えよ!(ざっくり意訳)」


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2