ファニーフェイスのネオクラシックスクーター

ヤマハ新種の原付二種スクーター「ビノーラ」登場! レトロポップなカエル顔

  • 2020/10/20
ヤマハ新種の原付二種スクーター「ビノーラ」登場! レトロポップなカエル顔

台湾ヤマハは、レトロかつ新しい125ccスクーター「ビノーラ(Vinoora)」およびビノ-ラMを発表。円をモチーフにした2眼ライトがつくりだすスタイリングは、1991年の東京モーターショーに出展された電動バイクのコンセプトモデル「Frog」にそっくりだ。

パッチリお目目のカエル顔! Mは専用シートなどを装備する

まん丸の両目の下には、げっ歯類を思わせる小さな口?! そんなカワイイ生き物をモチーフにしたかのような、台湾ヤマハの新型スクーターがビノーラ(Vinoora)だ。「New」と「Retro」を掛け合わせた「Newtro」がコンセプトで、レトロな雰囲気を纏いながら、ヘッドライトにはLED、エンジンはブルーコア空冷単気筒を採用するなど、テクノロジーは最新。そしてこのスタイリング、どこかで見たことがあるような……。

そう、1991年の東京モーターショーに出品された電動バイクのコンセプトモデル「Frog(フロッグ)」によく似ているのだ。特にモディファイ仕様のMは、フロントフェンダー上のガーニッシュなどがよりフロッグっぽくなっている。当時を知る世代だと“M”はマイティフロッグのMか!? と勘違いしそうになりかねないが、それはともかく、これは日本でも欲しがる人は多いはず! 国内導入の可能性はけっして高くないが、反響があればヤマハさんも考えてくれるかも!?

ヤマハ フロッグ

YAMAHA FROG[1991年 東京モーターショー出品モデル]その名が示すとおり、カエルのような顔つきのフロッグはレトロスタイルの電動スクーター。パワーユニットはブラシレスDCモーターを採用し、当時の記事によれば2ストローク50ccスクーターに匹敵する発進加速と最高速を達成したという。

YAMAHA Vinoora[Taiwan 2021 model]

主要諸元■全長1710 全幅665 全高1090 軸距1205 シート高745[755](各mm) 車重94kg(装備)■空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 125cc 最高出力/最大トルク未発表 Vベルト無段変速 燃料タンク容量4L■タイヤサイズF=90/90-10 R=90/90-10 ※[ ]内はM ●国内導入未発表

YAMAHA Vinoora[Taiwan 2021 model]

YAMAHA Vinoora[Taiwan 2021 model]

YAMAHA Vinoora[Taiwan 2021 model]

YAMAHA Vinoora[Taiwan 2021 model]

YAMAHA Vinoora[Taiwan 2021 model]

YAMAHA Vinoora[Taiwan 2021 model]

YAMAHA Vinoora[Taiwan 2021 model]

YAMAHA Vinoora[Taiwan 2021 model]

YAMAHA Vinoora[Taiwan 2021 model]

YAMAHA Vinoora[Taiwan 2021 model]カラーバリエーション

YAMAHA Vinoora[Taiwan 2021 model]

こちらはモディファイ仕様のVinoora M。フロントに特徴的なガーニッシュを備えるほか、ヘッドライトガードや10mm肉厚のシートなどを装備している。車体カラーも専用色だ。

YAMAHA Vinoora[Taiwan 2021 model]ディテール

YAMAHA Vinoora[Taiwan 2021 model]

円をモチーフにしたヘッドライトとテールランプはLEDで、ウインカーはバルブ式。見ようによってカエルにもウサギにも見えるが……。

YAMAHA Vinoora[Taiwan 2021 model]

メインスイッチ横にはUSB電源ソケットを装備。

YAMAHA Vinoora[Taiwan 2021 model]

エンジンはスマートモータージェネレーターを採用。発電とエンジンスターターを統合し、構造をシンプル化するとともに静粛なエンジン始動を実現する。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2