チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

軽快感&フレンドリーさUP!

インディアン FTR1200ラリー試乗レポート【宿るストリートトラッカー魂】

インディアンFTR1200ラリー試乗レポート【宿るストリートトラッカー魂】

’18年秋のインターモトでデビューしたインディアンFTR1200/Sは、全米フラットトラック選手権で圧倒的な強さを見せたFTR750のスタイリングを踏襲した公道市販モデル。その後の’19年秋のミラノショーでバリエーションモデルとしてオフロード色を強め登場したのが、今回試乗した’20年モデルの「FTR1200ラリー」だ。

高いスポーツ性能で可能性は無限大と再認識

実車を目の当たりにすると、ダートトラックレーサーの血統をより強く感じる仕上がりになっていて、心ときめく。φ43mm倒立フォークやラジアルマウントキャリパーを備えるスポーティな足まわりをそのままに、ホイールをアルミスポーク仕様とし、F19/R18インチのリムには、ピレリ製のブロックパターンタイヤ「スコーピオン・ラリーSTR」を装着。荒れた路面でも抑えが効くようハンドルは50mm高いプロテーパーバーとなり、ヘッドライトにはコンパクトなバイザーが追加装備された。シートはレトロなムードのブラウン表皮だ。

インディアンFTR1200ラリー試乗レポート

【’20 INDIAN FTR1200 RALLY】主要諸元■全長2287 全幅850 全高1297 軸距1524 シート高840(各mm) 車重225kg ■水冷4ストV型2気筒DOHC4バルブ 1203cc 123PS[91.7KW]/8250rpm 12.24kg-m[120Nm]/6000rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量13L ■ブレーキF=Wディスク R=ディスク ■タイヤF=120/70R19 R=150/70R18●色:銀 ●価格:209万8000円 [写真タップで拡大]

インディアンFTR1200ラリー試乗レポート

シート高は840mm。50cm上がったハンドルで、よりアップライトな乗車姿勢に。グリップ幅も広めで、肘を張り気味にしたライディングポジションはダートも走りたくなる。両足を出すとカカトが浮くが、片足で立つならブーツのソールはベッタリ地面に届き、足着き性に不安はない。前後サスもしなやかで、初期荷重で若干沈む。[身長175cm/体重64kg] [写真タップで拡大]

ダート志向が強くなったものの、オンロードモデルであることに変わりはなく、転がりの軽いタイヤの影響でハンドリングはヒラヒラと軽快感が増し、大径ホイールならではのニュートラルなステアリングフィールに磨きがかかっている。肘を張って乗るライディングポジションも相まって操作性がよりイージーになり、自在にコントロールできるのもいい。前輪19インチならではの大らかさがあり、スロットルを開けて豪快に曲がるのが楽しいことも付け加えておく。

1200ccの大排気量車とは思えぬフレンドリーさと俊敏性で、まさにストリートトラッカーと呼ぶにふさわしい。230kgの車体重量は同クラス国産ネイキッドと比較しても軽く、ダウンドラフト吸気で燃料タンクをシート下に配置するなどマスの集中もしっかりされていることを操作していても実感できる。

インディアンFTR1200ラリー試乗レポート

大排気量車とは思えないほどの軽快さ! [写真タップで拡大]

そう感じるには、レスポンス鋭いエンジンもなくてはならない。水冷DOHC4バルブVツインエンジンは123PSを発揮し、最大トルクは120Nmにも達する。6速での100km/h巡航は3600rpmでこなし、そこから上もまだまだパワーはみなぎり、9000rpm(メーター表示)でレブリミッターが効くまで粘り強く力を絞り出すから、心臓部はかなりタフで強靱だ。

60度Vツインの爆発間隔は300-420度で、鼓動を味わいつつ流すのではなく、90度Lツインのドゥカティのようにアクセルをアグレシッブに開けたくなり、気がつけば速度はグイグイ上がっていく。高速道路では小さいながらもウインドスクリーンが防風効果を発揮し、セット後も2km刻みで速度調整できるクルーズコントロールが秀逸で使わずにはいられない。シンプルな装いとしたラリーだが、これを残してくれたのはたいへんありがたい。

インディアンFTR1200ラリー試乗レポート

鋼管トラス構造のスチール製フレームに搭載される水冷DOHC4バルブ60度Vツインエンジンは、ボア102xストローク73.6mmで1203ccの排気量。最高出力123PS、最大トルク120Nm/6000rpmを発揮する強靱なパワーユニットだ。 [写真タップで拡大]

ドンッと出ていく全域でパンチのある元気ハツラツとしたエンジンと、それにマッチするしっかりとした足まわり、そして剛性感としなりが巧みに共存するトラスフレームの好バランスは、ラリーでも健在。カーボンパーツを多用したアッパーモデルも発表されたが、今回の試乗ではFTRシリーズの可能性はまだまだ無限大に拡がっていることを予感させた。たとえばカフェレーサースタイルや、この運動性能ならフルカウルのロードスポーツもあっていいだろうと、あれこれ妄想せずにはいられない。つまりカスタムもジャンルレスに楽しめそうということだ。

フラットトラッカー魂宿る走りを意識した装備

インディアンFTR1200ラリー試乗レポート

マフラーエンドをスクエアにした2-1-2エキゾーストは、テールに向かって跳ね上がり躍動感あふれる。 [写真タップで拡大]

インディアンFTR1200ラリー試乗レポート

【強力な足まわり】キャスター角26.3度でセットされたカートリッジ式倒立フォークは、インナーチューブ径43mmでストローク量は150mm。左側にABSセンサーを備えるWディスクのフロントブレーキは、ブレンボ製ラジアルマウントキャリパーとφ320mmディスクだ。 [写真タップで拡大]

インディアンFTR1200ラリー試乗レポート

車体右側にオフセットマウントされるリンクレスサスペンションのトラベル量は、フロント同様150mm。 [写真タップで拡大]

インディアンFTR1200ラリー試乗レポート

(左上)スタンダードFTR1200より50mmアップで、より抑えの効くPROTAPERアルミ製ハンドルバーを採用。(左下)燃料タンク容量は13L。ダウンドラフト吸気、マス集中のため、給油口はシート寄りに設置されている。(右)ヘッドライトを含む灯火類はすべてLEDを採用。ウインドスクリーンがセットされ、コンパクトながら防風効果が向上し、高速クルージングの快適性も上がっている。 [写真タップで拡大]

インディアンFTR1200ラリー試乗レポート

(左)スタンダードと同じ指針式メーター。液晶画面に燃料計、ギヤ段数、エンジン回転数、時計などを表示。(右)ハンドルスイッチ左側にはクルーズコントロールのセットボタンを配置。30km/h以上から設定可能。 [写真タップで拡大]

インディアンFTR1200ラリー試乗レポート

(左)ステップにラバーはなく、ブーツのソールをグリップするようギザギザ形状に。走りへの意欲を感じる。(右)スイングアーム左から伸びるライセンスマウントプレートに、ウインカー/ライセンス灯/反射板をセット。 [写真タップで拡大]

インディアンFTR1200ラリー試乗レポート

(左)ブレーキ/テールランプが備わるシートエンドは、バッサリとカットされシンプルかつスタイリッシュ。(右)段付きのダブルシートは、レトロな茶色の表皮を採用。前後移動しやすいのもダートトラッカーの証だ。 [写真タップで拡大]

インディアン FTRカーボン
[写真タップで拡大]

【FTRカーボン:シリーズ最強の123PS登場】タンクやエアボックスカバー、ヘッドライトナセル、フロントフェンダー、タンデムシートカウルなどボディワークにカーボンパーツを惜しみなく注ぎ込んだ「FTRカーボン」も登場。マフラーはブラックフィニッシュのアクラポヴィッチ製だ。

【’20 INDIAN FTR CARBON】 ●色:赤×カーボン ●価格:248万8000円

●文:青木タカオ ●撮影:真弓悟史
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

インディアン FTR 1200の価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

インディアン FTR 1200

インディアン FTR 1200

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 2価格種別 中古車 0

本体

189.9万円

価格帯 189.9万円

本体価格

本体

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

13.5万円

価格帯 13.5万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

203.4万円

価格帯 203.4万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
ホームキャンプ道具バイク積載術〈パッキング編〉【ソロで楽しむバイクキャンプ入門】
WEBヤングマシン|新車バイクニュース