まずはBMWのクルマから

iPhoneが「デジタルキー」になってエンジン始動&安全にキーを共有できる! いずれはバイクにも?

  • 2020/6/24

アップル社は、新OS(iOS 14)によりiPhoneをクルマのデジタルキーとして使用できる機能について、BMWが最初に市販車に搭載するメーカーになることを発表した。BMWは最初にiPodを車両に統合し、最初にワイヤレスのCarPlayを搭載したメーカーでもある。これらに続き、デジタルキー機能も搭載される日は近い?

iPhoneをクルマのキーとして使い、ロック、ロック解除、運転、友人と共有もできる

アップル社は、ワールドワイドデベロッパーカンファレンス(WWDC 2020)で新型OSのiOS 14などを発表。そしてこの新OSには、iPhoneをフルデジタルキーとして使用できる機能も含まれることを明らかにした。このiPhoneのアップルウォレット(Apple Wallet)に格納されるデジタルキーは、NFC(近距離無線通信規格)を利用してクルマと通信し、ロックを解除したり、エンジンを始動して運転したり、さらには友人のiPhoneにデジタルキーを送信することでクルマの共有も可能になるというものだ。

そんなデジタルキー機能を最初に市販車に搭載するメーカーは、やはりというべきかBMWである。MWは過去にも最初にiPodを車両に統合したり、アップルカープレイを最初に搭載したりと、常に時代を先取りしてきている。その後、カープレイなどをバイクに搭載していることもあって、デジタルキー機能がバイクで使える時代が来ることも期待させる。

今後登場するiPhone用BMWデジタルキーでは、iPhoneをドア開閉レバーに近づけることでロックを解除し、iPhoneをスマートフォン用トレーにおいて、スタートボタンを押すだけで簡単に操作を開始できるようになる。デジタルキーのセットアップはBMWが用意するスマホアプリから実行。クルマの所有者は、最高速度、馬力、最大オーディオ音量などを制限する、若いドライバー向けの設定可能で、こうしたアクセスオプションを設定したうえで最大5人の友人とアクセス権を共有することができるという。アクセス権の管理は、車内からでもApple Walletからでも可能だ。

気になるのはスマートフォンのバッテリー切れだが、iPhoneの電源が切れた場合でもキーが最大5時間機能する“パワーリザーブ”機能も備えているというから安心だ。アクセス権の共有は、iMessageを介して行う。また、Apple Watchでも互換可能だ。

アップルとBMWは、カーコネクティビティコンソーシアム(CCC)と緊密に連携して、世界標準の確立を推進している。 NFCのデジタルキー仕様2.0は2020年5月にリリースされたが、ウルトラワイドバンドテクノロジーを使用した次世代のデジタルキーはすでに開発が進んでいるという。互換性のあるiPhoneモデルは、iPhone XR、iPhone XS以降、およびApple Watch Series 5以降。

BMWデジタルキー

ドアの開閉レバーに近づけ、画面をタップすることでロック/ロック解除ができる。バイクでも速度制限などをアプリで設定して共有できるようになれば、家族間の貸出しでも安心感が増すかもしれない。 [写真タップで拡大]

最新の記事

固定ページ:

1

2