YMショートニュース【気になる業界トピックスをレポート】

ボッシュの安全システムが’20年より量産開始【事故を未然に防ぐ先進機構】

  • 2019/12/24
アドバンストライダーアシスタンスシステム

ドゥカティ、KTMを皮切りに、カワサキにも採用される

ミラノショー(EICMA)で発表された通り、ボッシュは「アドバンスト ライダー アシスタンス システム」を’20年から量産を開始し、まずはドゥカティとKTMに搭載する。国産メーカーではカワサキが採用を決め、’21年に搭載モデルを発売する予定だ。

このシステムは、適切な車間を保つ「アダプティブクルーズコントロール」、「衝突予知警報」、「死角検知」の3機能からなり、ライダーの安全性と走行快適性を高めてくれる。これを実現するのが、レーダーセンサー、ブレーキシステム、エンジン制御システムとHMI(ヒューマンマシンインタフェース)を組み合わせた技術だ。レーダーが感覚器官として機能することで、車両の周囲の状況を正確に把握。安全性と快適性を高めながら、ライディングの楽しさを損なわないのがポイントとなる。登場が楽しみだ。

アドバンストライダーアシスタンスシステム

アダプティブクルーズコントロール(ACC)

交通量の多い道路で前走車との距離を正確に保つには、集中力が必要のため、疲労を招く。ACCは、前走車との距離をモニターし、車速を調整することで、前走車との適切な距離を維持する。

衝突予知警報

急な前方車両の接近をライダーに知らせるシステム。他車が危険なほど接近し、ライダーがその状況に何も対処しないことを検知すると、聴覚的または視覚的な信号を通じてライダーに警告する。

死角検知

レーダーセンサーで車両の周囲をモニターし、車線変更時にライダーを支援。ライダーから見えにくい位置にある対象物を確認し、死角に車両が来た際には、ミラー等に視覚信号を表示し警告する。

関連する記事

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヌマ王

ヌマ王

記事一覧を見る

ヤングマシン編集部出身の敏腕フリーライター。特にバイクの社会&時事ネタに詳しく、20年以上にわたって特ダネを追い続けている。趣味はユーラシア大陸横断。