YMショートニュース【気になる業界トピックスをレポート】

ボッシュの安全システムが’20年より量産開始【事故を未然に防ぐ先進機構】

アドバンストライダーアシスタンスシステム

ドゥカティ、KTMを皮切りに、カワサキにも採用される

ミラノショー(EICMA)で発表された通り、ボッシュは「アドバンスト ライダー アシスタンス システム」を’20年から量産を開始し、まずはドゥカティとKTMに搭載する。国産メーカーではカワサキが採用を決め、’21年に搭載モデルを発売する予定だ。

このシステムは、適切な車間を保つ「アダプティブクルーズコントロール」、「衝突予知警報」、「死角検知」の3機能からなり、ライダーの安全性と走行快適性を高めてくれる。これを実現するのが、レーダーセンサー、ブレーキシステム、エンジン制御システムとHMI(ヒューマンマシンインタフェース)を組み合わせた技術だ。レーダーが感覚器官として機能することで、車両の周囲の状況を正確に把握。安全性と快適性を高めながら、ライディングの楽しさを損なわないのがポイントとなる。登場が楽しみだ。

アドバンストライダーアシスタンスシステム

アダプティブクルーズコントロール(ACC)

交通量の多い道路で前走車との距離を正確に保つには、集中力が必要のため、疲労を招く。ACCは、前走車との距離をモニターし、車速を調整することで、前走車との適切な距離を維持する。

衝突予知警報

急な前方車両の接近をライダーに知らせるシステム。他車が危険なほど接近し、ライダーがその状況に何も対処しないことを検知すると、聴覚的または視覚的な信号を通じてライダーに警告する。

死角検知

レーダーセンサーで車両の周囲をモニターし、車線変更時にライダーを支援。ライダーから見えにくい位置にある対象物を確認し、死角に車両が来た際には、ミラー等に視覚信号を表示し警告する。

関連する記事

関連記事

8月の記事で掲載したように、電動バイクの免許区分が定格出力20kWを境に大型2輪免許を必要とする形に改正される。これについてのパブリックコメント募集が終了し、進展があったのでお伝えしたい。ハーレーダビ[…]

関連記事

軽自動車と同一という割高な設定になっている高速道路の2輪料金。その解消に向けて、少しずつ、だが着実に前進しつつある。ETCシステムの改修か、ツーリングプランの仕組みを利用するのか……最新状況をレポート[…]

関連記事

バイクの利用環境には課題が多い。今回は、原付一種の販売台数減など、さまざまな課題の根本ともなっている「駐車できない」という問題について考えたい。 ●文:田中淳磨(輪) 放置車両の取締りが激化、都内だけ[…]

関連記事

ドイツのボッシュやコンチネンタルのようなグローバルサプライヤーがバイク用の電子制御などの根幹をなすパーツを車両メーカーに供給しているのは有名なハナシ。これらに対抗すべく、国産有力ブランドが手を組んで業[…]

関連記事

75歳以上の高齢ドライバーは563万人(2018年末時点)。昨年の高齢者による死亡事故は全体の約15%を占めた。一方で昨年、免許を自主返納したのは約40万人に留まる。この事態に対応すべく、政府は新しい[…]

WEBヤングマシン|最新バイク情報