医療用フェイスシールドも5月末までに生産開始

ホンダが港区・渋谷区に「感染者搬送用車両」を提供|人工呼吸器の生産支援も視野

  • 2020/4/14

世界各地における新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ホンダは感染防止に向けた支援活動として2020年4月13日に東京都港区および渋谷区に「感染者を搬送するための車両(仕立て車)」を提供したと発表した。また、2020年5月末までに、医療現場でニーズが高い「フェイスシールド」の生産を開始、そして人工呼吸器の生産支援も視野に検討していくという。

感染者を搬送するための車両(仕立て車)提供

感染者を搬送する車両(仕立て内容)

感染者を搬送する車両(仕立て内容)

ホンダは、世界各地における新型コロナウイルスの感染拡大を受け、感染防止に向けた支援活動を日本国内で開始。アメリカにおける100万ドルの寄付やマスク&個人用防護具の寄付、フェイスシールドのバイザー製造、そしてタイにおける救急車(ステップワゴンベース)の貸与やインドでの陰圧ベッド製作といった施策に続く格好だ。

「感染者を搬送するための車両(仕立て車)」は、自治体への軽症者の移動を支援するためのもので、2020年4月13日に東京都港区および渋谷区への納車を完了。今後は都内など感染者の多いエリアから順次納車予定だという。

車両の仕様としては、オデッセイやステップワゴン等に、搬送時の感染リスクを削減するため、運転席と後部座席に仕切りを設置。前後席間の圧力差を利用して、飛沫感染を抑制する構造に仕立てている。この車両は埼玉製作所(狭山工場)を皮切りに、国内事業所で生産予定だ。

フェイスシールドの生産

医療現場のニーズが高いフェイスシールドを、2020年5月末までに、ものづくりセンター栃木、鈴鹿などの国内事業所にて生産し、医療現場への無償提供を実施予定。

最新の記事

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)