YMショートニュース

本田技術研究所の体制が変更【ジャンルの垣根を超えたパワーユニット&デザイン部門設立】

  • 2020/4/5

●まとめ:沼尾宏明
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ホンダの研究開発部門である、本田技術研究所の体制が2020年4月1日から改変された。

まず第一に、四輪商品開発機能を統合し、営業から生産、開発、購買まで一体化する。2019年、研究所の二輪R&Dセンターと本田技研工業の二輪事業本部が統合し、技研が一貫してバイクの生産から開発まで担当することになったが、四輪でも同様の一本化体制に強化したと言える。 

バイクに関連するのは、本田技術研究所に新設される「先進パワーユニット・エネルギー研究所」だ。二輪・四輪・ジェットなどパワーユニットの研究開発機能を統合。動力源における強みを発揮して将来に向けた商品価値の向上を目指すという。 

さらに「デザインセンター」を新設。二輪・四輪・ライフクリエーションのデザイン機能を統合し、商品の枠を超えて一貫したブランドの強化を図る。激動の時代を乗り切るため、垣根を超えたワンチームで挑む、そんなホンダの姿勢が窺える。

本田技術研究所の体制が変更【ジャンルの垣根を超えたパワーユニット&デザイン部門設立】

研究所を、設立時の趣旨である「未知の世界の開拓を通じた新価値創造」をさらに強化する体制に変更。細分化していた組織を統合し、先進パワーユニット研究所とデザインセンターを新設した。 [写真タップで拡大]

本田技術研究所の体制が変更【ジャンルの垣根を超えたパワーユニット&デザイン部門設立】

事業ごとに行ってきたコネクテッドサービスなどの企画&開発を統合。ホンダならではの幅広い事業と商品を生かしたサービスを実行していく。同時に日本でのモビリティサービスを担う新会社を設立。 [写真タップで拡大]

最新の記事

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ