レーシングブルー×マットグレーは2020年の兄弟車に共通

MT-25も発表間近! ヤマハ「MT-09」2020年モデルに新色ブルー登場…“R”ゆずりのマットグレーが渋い

  • 2020/2/10
ヤマハ MT-09 ABS

ヤマハ「MT-09 ABS」にヤマハレーシングブルーとマットグレーを掛け合わせた新色が登場する。他の色とSPはそのまま継続となり、価格も変更なし。発売は2020年2月25日だ。

ベーシックカラーにも遊び心をもたらす、ヤマハの「カラーリングマジック」

スポーツネイキッドとスーパーモタードを足して2で割ったような「異種混合」コンセプトで2014年に登場したMT-09は、2017年に現行型の2眼ライトにモデルチェンジ。目の覚めるような蛍光イエローや朱色をラインナップしてきたが、2020年モデルとしてベーシックカラーにも遊び心を注入した。2020年モデルとして登場する「MT-09 ABS」のニューカラーは、ヤマハ“レーシングブルー”に流行りのマットグレーを組み合わせ、ヤマハ製スーパースポーツの象徴であるYZF-Rシリーズとのリレーションを深めている。

ヤマハMT-09 ABS

【YAMAHA MT-09 ABS[2020]】主要諸元■全長2075 全幅815 全高1120 軸距1440 シート高820(各mm) 車重193kg■水冷4ストローク並列3気筒 DOHC4バルブ 845cc 116ps/10000rpm 8.9kg-m/8500rpm 変速機6段 燃料タンク容量14L■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:102万3000円 ●色:ブルー(新色)、マットライトグレー、マットダークグレー/SP=ブラック ●発売日(ブルー):2020年2月25日

その他のYZF-RシリーズやMTシリーズ・2020年の動向は?

スーパースポーツラインナップとしては、YZF-R25はすでにニューカラーとして同様の車体色を展開し、2020年2月4日に発売予定。兄貴分のYZF-R1やYZF-R6に関しては2020年モデルが海外発表されており、R1は2020年夏以降に国内仕様が登場予定。そしてR6は、逆輸入車が2020年2月頃の発表を見込まれている。

また、MT-09の直接の兄弟車であるMTシリーズについては、今回の新色ブルーと同様のカラーリングが海外で発表されており、国内仕様についてはMT-10およびMT-07が2020年3月頃、MT-25は2020年2月後半に発表される見込みだ。

なお、MT-09 ABSの“クロスプレーンコンセプト”に基づく水冷4ストローク並列3気筒845ccエンジンをはじめとして、主要諸元に変更なし。車両価格も据え置きとなり、青を除くカラーリングはMT-09 SPを含めて継続販売となる。新色の発売は2020年2月25日。

YAMAHA MT-09 ABS/MT-09 SP ABS

ヤマハ MT-09 ABS ディープパープリッシュブルーメタリックC

[MT-09 ABS]ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)★新色

ヤマハ MT-09 ABS マットライトグレーメタリック4

[MT-09 ABS]マットライトグレーメタリック4(マットライトグレー)継続色

ヤマハ MT-09 ABS マットダークグレーメタリック6

[MT-09 ABS]マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)継続色

ヤマハ MT-09 SP ABS ブラックメタリックX

[MT-09 SP ABS]ブラックメタリックX(ブラック)継続色 ●価格:113万3000円

最新の記事

ページ:

1

2

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。