第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

LEDのモノアイが睨みつける

2020年新型MT-25/MT-03が海外で発表! YZF-R25譲りの倒立フォークとLEDライトを採用

  • 2019/10/2

2019年10月2日、ヤマハが欧州と北米、インドネシアで2020年型のMT-25/MT-03を発表した。今年のYZF-R25/YZF-R3に倣って倒立フォークを採用、さらにアグレッシブなデザインに生まれ変わった。

日本では東京モーターショーにお目見え……しない?!

ヤマハの小排気量スポーツの新鋭機としてYZF-R25/YZF-R3とMT-25/MT-03が国内で発売されたのが2015年。その後、2019年にYZF-R25/YZF-R3が先行してモデルチェンジを実施し、2020年型でMT-25/MT-03がそれを追うように倒立フォーク採用などの変更を受けることが明らかになった。新型MT-25に関してはインドネシア、MT-03は欧州と北米で発表されており、日本では東京モーターショーでのジャパンプレミアを期待したいところだが、情報によると春のモーターサイクルショーが初公開となる模様だ。

【YAMAHA MT-03 2020年型 欧州仕様】カラーリングは2019年型のMTシリーズで全面採用された蛍光赤ホイールのIce Fluo=アイスフルオを踏襲している。インドネシアで発表されたMT-25はマットグレーを名乗るが同色となる。

【YAMAHA MT-03 2020年型 欧州仕様】こちらは北米には存在しないIcon Blue=アイコンブルー。インドネシアのMT-25はメタリックブルーという色名となっている。

【YAMAHA MT-03 2020年型 欧州仕様】こちらはMidnight Black=ミッドナイトブラック。インドネシアのMT-25ではメタリックブラックだ。リヤまわりは大きくは変わらないがLEDウインカーがポイント。

【YAMAHA MT-25 2016年型 国内仕様】2015年10月に発売された初代。’19年まで外観は変わらず、’18年型で排ガス規制に対応している。初代YZF-R25をネイキッド化したもので独自にグラブバーも装備していたが’20年モデルでは廃止されている。

【YAMAHA MT-15 2019年型 インド仕様】アジア各国で今年新登場したMT-15。ライトまわりの構成とデザインはこちらが先行している。タイやインドネシアでは倒立フォークを採用しているが、インド仕様は正立となる。

【YAMAHA YZF-R25 2019年型国内仕様】’20年型MT-25/MT-03の土台となったのが、新型YZF-R25シリーズ。倒立フォークやテール&シートまわりのパーツは新型MT-25/MT-03と共通のようだ。

メーターもフル液晶の新作に

モデルチェンジの内容は、車体まわりは倒立フォークの採用とリヤサスのセッティング変更が主なもの。リヤは従来よりハードな荷重に耐えるように設定されており、フロントの倒立化に合わせた変更だろう。尚、並列2気筒エンジンに変更のアナウンスはない。そして、新型MT-25/MT-03において最も重要な変更はよりアグレッシブさを身に着けた外観。アジアで今年登場したMT-15に通じるモノアイのヘッドライト+アイブロー(眉毛)状のポジション灯が睨みを効かせており、よりアグレッシブなデザインに進化していくMTシリーズの一角として存在感をアピールしている。さらに、メーターは2019年型YZF-R25/YZF-R3が新採用したフル液晶ディスプレイに変更されている。

新型MT-03のフェイスデザイン。MT-15と構成は同じだがデザインは異なっている。開けた口の中にあるのがLEDヘッドライトでモノアイとなっている。眉毛状のものがLEDポジション灯でウインカーもLED化された。

タンクカバーやシュラウド部分は専用デザインの新作となっている。インナータンク容量は14Lで不変だ。

メーターは指針式回転計+液晶からフル液晶ディスプレイに変更。表示画面を見る限り、’19年型YZF-R25/YZF-R3と同じものだろう。右グリップ部のセル&キルスイッチも新デザインのものになっている。

新採用の倒立フォークはYZF-R25/YZF-R3と同じ径37mmを採用。ブレーキは片押し2ポットを踏襲しているようだ。

並列2気筒エンジンは不変。エンジンは新型MT-03欧州仕様が42psを発揮しており、従来型と同じスペックとなっている。新型MT-25はインドネシア仕様が26.5kWとなっており、国内仕様の現行型より0.5kW高い。

関連する記事/リンク

 

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)