先行インド仕様との違いやいかに?

注目の油冷シングル・’20スズキ新型ジクサーSF250の国内仕様はどうなる?!

  • 2020/1/12

激戦区の国内フルカウル250市場にスズキが投入してきた新作油冷シングル・ジクサーSF250。インドでは2019年5月にリリースされたが、日本ではいつ頃の発売になるのか。’19東京モーターショー展示車両をベースに、日本仕様とインド仕様の違いをいくつか紹介しよう。

国内仕様の登場も間近か?!

スズキが’20モデルとして国内仕様投入を目指しているのが確実なジクサーSF250。そのエンジンは、新型油冷システムの採用により「これがホントに250?」と思えるくらい超コンパクトに仕上がっている。

したがって、先行するインド仕様では、車重の軽さから生まれる走りの良さに各メディアが注目。インドでワンメイクレースで支持されているのも納得の評価だ。’19東京モーターショーの展示車両は細部の仕上げがインド仕様よりもグレードアップしており、すでに日本仕様の内容も固まっていると見た。正式発表は、思った以上に早いかも!?

超コンパクトな新油冷

新開発の油冷システム=SOCS(Suzuki Oil Cooling System)を採用したエンジンはSOHC単気筒。水冷では冷却水やウォーターポンプ、ラジエターホースなどで重くかさばるが、この排気量だと油冷の方がシンプルかつ軽量に作ることができると判断。驚くほどコンパクトに仕上がっている。

流線美フォルムはベビーGSX-S1000F的

フロントカウル、タンク、サイドパネル、そしてテールカウルまでをきれいにつないだ流線美あふれるフォルムは、まるでGSX-S1000F的だ。

こんなところがすでに”日本仕様”!?

インド仕様(写真上)では現地のMRF製タイヤを履いていたが、東京モーターショー展示車(写真下)にはダンロップ製スポーツマックスGPR-300を装着。ラジアルなので走りに期待。
インド仕様(写真右)ではマフラーエンドがメッキとなっているが、東京モーターショー展示車(写真左)はヘアライン仕上げに。すでに日本仕様の中身は決定している?

最新の記事