レーシングスペック&MotoGPカラー

スズキが油冷復活のジクサーSF250にモトGPエディションを発表![インド]

インドで開催されている「SUZUKI GIXXER CUP 2019」の第3ラウンドで、スズキはジクサーSF250(GIXXER SF 250)のレーシングバージョンを発表した。ボディはMotoGPでおなじみのスズキ・エクスターカラーに彩られている。

新しい油冷エンジンのポテンシャルを示す?

インドで開催される「SUZUKI GIXXER CUP 2019(ジクサーカップ)」は、空冷154.9ccエンジンを搭載したジクサーSFによって争われるチャンピオンシップ。年間4戦が開催されるが、カリモータースピードウェイで行われた第3戦において、新型ジクサーSF250のレーシングバ^ジョンがお披露目された。

SUZUKI GIXXER SF 250 MotoGP Edition
SUZUKI GIXXER SF 250 MotoGP Edition

この「ジクサーSF250モトGPエディション」は、2020年開催予定のジクサーSF250ワンメイクレースで使用される(従来の155cc版のリプレイスとして)。また、ジクサーカップ2019の参加者の一部も、2019年11月にブッダサーキットで行われるジクサーカップ最終戦で、このジクサーSF250モトGPエディションに乗ることができるという。

ジクサーSF250モトGPエディションは基本的にエンジンとギヤボックスをノーマル仕様とし、マフラー交換や保安部品の取り外しなどで20kgの減量を果たしているという。ハンドルバーは低く、それに合わせてステップ位置も移動し、レーシーなライディングポジションも実現した。ちなみに非売品とのこと。

SUZUKI GIXXER SF 250 MotoGP Edition

GSX1400以来の油冷単気筒エンジンを搭載したスポーツバイク。SOCSと呼ばれる油冷システムは、水冷のようなウォーターポンプや専用の水路を持たないため軽量&シンプルな構成とできるのが特長だ。冷却効率も高く、かなりのポテンシャルを秘めているといわれている。東京モーターショー2019で日本初公開となり、日本仕様の発売にも期待が高まる。

SUZUKI GIXXER SF 250[インド仕様]主要諸元■全長2010 全幅805 全高1035 軸距1340 シート高800(各mm) 車重161kg■油冷4ストローク単気筒 SPHC4バルブ 249cc 26.5ps/9000rpm 2.33kg-m/7500rpm 変速機6段 燃料タンク容量12L■タイヤサイズF=110/70R17 R=150/60R17 ※諸元はインド仕様/市販車のもの

SUZUKI GIXXER SF 250 MotoGP Edition
SUZUKI GIXXER SF 250 MotoGP Edition
SUZUKI GIXXER SF 250 MotoGP Edition
SUZUKI GIXXER SF 250 MotoGP Edition
SUZUKI GIXXER SF 250 MotoGP Edition
SUZUKI GIXXER SF 250 MotoGP Edition

関連する記事/リンク

関連記事

GSX-R750に始まり、GSX1400まで発展したのち生産終了となっていたスズキ独自の油冷エンジンだが、インドで2019年5月に発売された「ジクサーSF250」は新開発の油冷エンジンが搭載していた。[…]

関連記事

ヘッドライトを専用設計としたネイキッド油冷スポーツバイクも、東京モーターショーで日本初公開される。2019年5月にインドで発売されたジクサーSF250に続き、ネイキッド版ものジクサー250も8月に登場[…]

関連記事

ツアラーとしても秀逸な、身の丈に合う軽二輪スーパースポーツ GSX250Rは、日本では’17年4月に発売が開始。グローバルネイキッドとして活躍してきたGSR250シリーズをベースとする設計[…]

WEBヤングマシン|最新バイク情報