ライドナレッジ|RIDE HI

【Q&A】エンジンがかからない大半はバッテリー問題

●記事提供: ライドハイ編集部

エンジンがかからない、そのほとんどがバッテリー上がり

IGNキーを回してニュートラル・ランプが明るくなくて嫌な予感。セルボタンに触れても何の音もしない、もしくはカチッとセルモーターが動こうとする作動音はすれど回らない……。

バッテリーは電圧が下がりすぎると、いわゆる「バッテリー上がり」といわれる状態に陥る。

このエンジンがかからない状態を何とかするには、

1)ジャンプコードというバッテリーのターミナルを挟める大きなクリップのついた電気ケーブルで、他のバイクやクルマのバッテリーと繋いでその電圧でセルモーターを回す。

2)バッテリーを外して専用の充電器へ繋いで電圧が上がるまで蓄電されるのを待つ。

まずこの選択肢しかない厄介な状況だ。昔のバイクならセルモーターは回らないが点火プラグに火は飛ぶくらいの電圧は残っているかもと押し掛けスタートを試したりしたが、いまは燃料噴射で燃料ポンプや電子制御がセットで稼働するためほぼ不可能と思うしかない。


※本記事は”ライドハイ”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース