第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

教えてネモケン|RIDE HI

【Q&A】4年目のタイヤで溝は残ってますが、いつ交換すれば?

年間で数千kmしか走らないので、タイヤの溝は残っています。でも数えたら4年が経っていて、表面を手で触ると柔らかい感触がありません。変えたほうがよいのでしょうか?


●記事提供: ライドハイ編集部

A.走らずとも劣化して滑るので、2~3年毎に交換が安心です

タイヤは溝が減ると滑りやすくなり交換する必要がある、というのが一般に知られている交換の条件だと思います。

しかしスポーツバイクは趣味の道具でもあり、機種や使い方で乗る頻度が低ければ走行距離が増えなくても、時間が経つとゴム質が劣化して滑りやすくなるため、安全を考えて一定期間以上が過ぎたら交換するのがお薦めです。

ではなぜ走行距離が短いのに時間が経過すると滑りやすくなるのでしょうか?
ご存じかも知れませんが、タイヤは工業用ゴムという石油系のケミカル製品です。

これにシリカなどケミカル素材やわずかですが天然ゴムを混ぜてつくるのですが、この混ぜ方が蕎麦を打つのと同じに圧延ローラーで何度も潰して延ばすを繰り返します。

誤解されやすいのが、液体に近い流動性のある状態からいわゆる型に流し込んで成形すると思いがちですが、一度も溶けた状態にはならないのです。


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース