第51回『マシン・オブ・ザ・イヤー2023』人気投票受付スタート

6月27日に新型ネオクラシックモデルを発表!

普通二輪免許で乗れるトライアンフが登場する?! トライアンフ松本のオープニングイベントで本社コマーシャルオフィサーが明言

トライアンフモーターサイクルズジャパンは6月15日、長野県松本市に最新のCIを備えた国内最大級の正規ディーラー「トライアンフ松本」のグランドオープンにともなうオープニングイベントを開催した。本社からはCEOのニック・ブロアー氏およびチーフコマーシャルオフィサーのポール・ストラウド氏らが来日し、今後のラインナップ展開などにも触れられた。


●文:ヤングマシン編集部 ●外部リンク:トライアンフモーターサイクルズジャパン

トライアンフ松本は6月16日にグランドオープン!

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、去る6月15日に、翌16日にグランドオープンする「トライアンフ松本」のオープニングイベントを開催。多くの関係者やメディアが集った。

【トライアンフ松本】オープニングイベント時はあいにくの空模様だったが、新CIの存在感は抜群!

トライアンフ松本は、正規ディーラーとして国内最大級の規模を実現し、最新CI(コーポレート アイデンティティ)を採用した店舗としては国内30店舗目。また、株式会社Sonic Motors(ソニックモーターズ)による運営店舗としては、トライアンフ東京(東京都武蔵野市)、トライアンフ東京ベイ(東京都江戸川区)に次ぐ3店舗目のトライアンフ正規販売店となる。

最新のトライアンフCIでは、ブラックで統一した外観デザインに加え、大きなトライアンフロゴとなどをあしらうのが特徴。ショールーム内部も最新の店舗スタンダードに準拠しており、1階の車両展示エリア、2階のラウンジエリアを中心部の大きな吹き抜けで繋げることで一体感を増し、中央には存在感のある階段を設置している。

119㎥と国内最大級の規模を有する2階ラウンジエリアでは、ウエアやアクセサリーをゆっくりを吟味することも可能。また、1階にはトライアンフ正規販売店で世界初となる「レセプション/ハンドオーバーベイ」を設け、ハンドオーバー(納車)とサービス入庫に万全の構え。もちろん、駐輪場、駐車場、試乗車置き場のスペースもたっぷりと確保しているから、いつでも安心して来店できる。

■店名:トライアンフ松本 (TRIUMPH MATSUMOTO)
■グランドオープン:2023年6月16日(金)
■社名:株式会社 Sonic Motors
■代表取締役:岩瀬 利基
■TEL:0263-86-0505
■住所:〒399-0038 長野県松本市小屋南1丁目3−1
■Webサイト:www.triumph-matsumoto.jp

トライアンフ松本へのアクセス

見逃せない発表があった!

オープニングイベントでは、トライアンフ松本を運営するソニックモーターズの岩瀬社長のほか、英国からはトライアンフモーターサイクルズ本社CEOのニック・ブロアー氏、およびコマーシャルオフィサーのポール・ストラウド氏が来日して登壇。日本のオーバー500ccクラスのマーケットが2023年3月までの3年間で約25%の成長を見せるなか、トライアンフが30%もの成長を遂げたとし、さらにこれからの6か月で6機種のブランニューモデルと、6機種のメジャーアップデートを行うと明言した。

どれがブランニューでどれがメジャーアップデートかは明記されていないが、ネオクラシックモデルが計3機種、アドベンチャーが計4機種、クルーザーが2機種、本格オフロードが2機種、そしてフルカウルスポーツが1機種描かれている。

上記のように計12機種のシルエットが描かれているが、なかでも注目は『デイトナ』シリーズの復活を思わせるフルカウルのスーパースポーツ、そして本格オフロードモデルだろう。

そう、シルエットだけを見れば、その他は従来のラインナップにあるものが更新されていくだけに思えるのだが、ここでさらに、インドのバジャジ社と組んで小排気量モデルを展開するというビッグニュースが!

これは以前から当WEBを含め、海外メディア等も姿を捉えていた『普通二輪免許で乗れるトライアンフ』の実車が登場するということだろう。また、この車両はネオクラシックモデルになることで間違いないようだ。

2023年6月27日になんらかのモデルを発表するというムービーも公開。

さらに、6月27日にはネオクラシックスタイルのニューモデルを発表すると予告。これが“小排気量のトライアンフ”になる可能性は極めて高い。このところ勢いを増しているトライアンフのニューモデルラインナップが、さらなる充実を見せることになりそうだ!

トライアンフ松本のオープニングイベント

トライアンフ チーフエグゼクティブオフィサー ニック・ブロアー氏

トライアンフ チーフコマーシャルオフィサー ポール・ストラウド氏

トライアンフ松本/東京/東京ベイ 運営会社 株式会社ソニックモーターズ代表取締役 岩瀬利基氏

トライアンフ松本のスタッフ(後列)と、イベントにヘルパーとして参加したトライアンフ東京のスタッフ(前列)

グランドオープンを記念したオリジナル仕様のカスタムマシン×4車をお披露目。

納車を行うハンドオーバースペース。稲妻のような矢印が“発進”をイメージさせる。

※本記事の文責は当該執筆者(もしくはメディア)に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。