カワサキ メグロS3〈YM未来予想〉エストレヤがメグロ転生して250ccクラスに復活!?


●文:ヤングマシン編集部 ●CG:SRD

メグロSG→エストレヤ→再びメグロに転生!?

軽二輪クラスでトップセールスを続けているホンダのレブル250。この快進撃をストップさせるべく、カワサキがついに動き出す。レブル人気の秘訣である“イージー&フレンドリー”に注目し、包囲網を固めると見られる。それがメグロブランド第2弾となる250cc版だ。

エストレヤの復活とも噂されているが、エンジンは旧来のものをベースとするのではなく、最新排ガス規制にも対応可能なKLX230ベースの空冷単気筒となる模様だ。いずれにせよメグロの名を冠する以上、スタイルはエストレヤにも通じる’64 メグロジュニアSG、もしくはS8をモチーフとしたレトロスタイルなのは確実だ。

以前からこの噂は囁かれており、栃木県の那須烏山市にメグロの大看板を贈呈するなど話題作りも始まっている。’24モデル以降での登場か?

[YM未来予想] カワサキ メグロS3(250):350cc版の可能性もアリ!?

メグロ第2弾となる250cc版。K3との整合性を意識して「S3」と命名してみた。スタンダードな使い勝手を狙い、レブルを追撃する。また、メグロのようなレトロスタイルはロイヤルエンフィールドが市場を席巻中のインドでもウケそう。その際は350~400ccが望ましいため、新エンジンが必要かもしれないが…。

カワサキ メグロS3(250)[予想イメージ]

【KAWASAKI MEGURO S3|予想イメージ】メグロ最後のモデル=SGをモチーフとしていたのが旧エストレヤ。KLXエンジンで令和の時代に再びメグロに転生することになる? ●予想登場時期:’23年秋以降 ●想定価格帯:60万円前後 [写真タップで拡大]

カワサキKLX230S
カワサキKLX230

【ポイント:エンジンベースはKLX230】MAX19psを発揮するKLX230の空冷SOHC2バルブ単気筒が転用される見込み。クランクケースカバーなど外観処理はレトロに変更されそうだ。 [写真タップで拡大]

那須烏山市山あげ会館

カワサキが寄贈した看板の贈呈式。那須烏山市は旧メグロの烏山工場があった縁で“メグロの聖地”と呼ばれる。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース