LCRホンダと契約したリンスに続き再就職先が決まる

2020年のMotoGPチャンピオン、ジョアン・ミル選手がHRCと契約に合意

●外部リンク:ホンダレーシング

ホンダレーシング(HRC)は、2020年のFIMロードレース世界選手権MotoGPクラスチャンピオンのジョアン・ミル選手と、2023年からの2年契約に合意したことを発表した。

ジョアン・ミル(Joan Mir)選手はスペイン出身の24歳で、2016年にMoto3クラスにフル参戦すると、翌2017年は年間10勝を挙げて同クラスのチャンピオンを獲得。2018年にはMoto2クラスに昇格、続いて2019年に最高峰のMotoGPクラスに昇格(チームスズキ)すると、その翌年には同クラスでチャンピオンを獲得している。

2022年 第13戦オーストリアGP終了時点では、グランプリ通算12勝と33回の表彰台を獲得しており、2023年からマルク・マルケス選手のチームメイトとしてワークスチームよりRC213Vで参戦することになる。

なお、スズキでチームメイトとして過ごしてきたアレックス・リンス選手はLCRホンダと契約に合意しており、スズキが2022年シーズンをもってMotoGPを撤退することによって所属チームをなくしてしまう2名のレーシングライダーは、ともにホンダで再出発することになった。

7月19日にLCR Honda CASTROL Teamと2023年からの2年契約に合意したアレックス・リンス(Álex Rins)選手。スペイン出身の26歳だ。 [写真タップで拡大]

2023年はホンダのマシンでこんなシーンも見られる? #36はジョアン・ミル選手、#42はアレックス・リンス選手。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース