第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

アイアン1200の水冷版か?!

ハーレー新型“クラシックスタイル”スポーツスターが4月13日発表へ! 水冷エンジン+ツインショック

ハーレーダビッドソンは、SNSを中心にティーザー展開を開始した。「スポーツスターのレガシーは、新しい章へ」と題し、4月13日午前0時(12日深夜24時)に新型マシンを発表することを予告している。水冷Vツイン“レボリューションマックス”系エンジンを搭載したネオクラシックスタイルの新スポーツスターと見て間違いない。

全く新しい物語のスポーツスターSに対し、こちらはレガシーの新章を標榜

ハーレーダビッドソンは、水冷Vツインエンジンを搭載するスポーツスターに新たなファミリーが加わることを予告。「スポーツスターのレガシーは、新しい章へ」と題し、4月13日午前0時(12日深夜24時)に新型マシンが登場することを明らかにしたティーザー展開を開始している。

ハーレーダビッドソンがSNSで公開した画像。 [写真タップで拡大]

水冷スポーツスターといえば、ハーレーは2021年夏にブランニューモデル「スポーツスターS(SPORTSTER S)」を正式発表し、今までの物語の新章ではない、全く新しい物語のはじまりを告げた。この時に公開されたスポーツスターSno紹介映像の中で、クラシックスタイルのスポーツスターをチラ見せしていたことを覚えている読者もいることだろう。4月13日に登場する新スポーツスターは、まさしくこのマシンそのもののようだ。

エンジンは、スポーツスターSが搭載する“レボリューションマックス1250T”に近いものを採用すると見てよさそう。DOHC4バルブと可変バルブタイミングを搭載した挟み角60度の水冷式V型2気筒パワートレインは、おそらくスポーツスターSと同様にフレーム剛性の一部を担う。ちなみに、スポーツスターSは最高出力121hp/7500rpmを発揮(北米仕様のみ公表)し、最大トルクは12.7kg-m/6000rpm(日本仕様)だ。

新スポーツスターはスタイリングのシルエットのみが公開されているが、この画像を加工すると、スポーツスターSの動画で見えたビキニカウルやツインショックの姿が確認できる。マフラーは右1本出しの大型サイレンサーを採用。ホイールサイズは、おそらくフロント19/リヤ16インチあたりだろう。ホイールベースはけっこう長そう(1600mm台?)に見えるが……。

以下はスポーツスターS登場時の映像でチラ見せされたもの。従来モデルでいうアイアン1200の路線を踏襲した、クラシックスタイルの新スポーツスターと見て間違いない!

ツインショックにボブテイル。 [写真タップで拡大]

アイアン1200っぽく見えるビキニカウル。よく見ると丸型メーターも。 [写真タップで拡大]

エンジンはもちろんレボリューションマックス! [写真タップで拡大]

参考:2021年モデルとしてラインナップされたアイアン1200 [写真タップで拡大]

ティーザー画像を明るく加工してみた。 [写真タップで拡大]

明るく加工した車体に、動画のディテールを切り貼りしてみたの図。撮影アングルが異なるのでピタリと嵌まるわけではないが、かなり雰囲気はつかめるんじゃないだろうか。 [写真タップで拡大]

【動画】From Evolution to Revolution – 2021 Sportster S【12分47秒から必見】


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース