ハーレーカスタムトレンドニュース[ウィズハーレー]

’70sスクランブラームード漂う軽快スポーツカスタム〈’00 ハーレーXLH1200S〉

'00 ハーレーダビッドソンXLH1200S トランプサイクルカスタム

●取材協力:トランプサイクル

街乗りからツーリングまでオールマイティにこなす、’70年代スクランブラーテイストのカスタム

軽快で俊敏なXLスポーツスター。なかでも’70年代のアイアンスポーツは、いつの時代も熱視線を浴びているが、そんな時代を想起させるスクランブラーテイストのカスタムが、大阪のカスタムハーレーショップ・トランプサイクルの最新作だ。

'00 ハーレーダビッドソンXLH1200S トランプサイクルカスタム

ストローク量に余裕がある見るからにスポーティな足まわり。レーシングブロスMONO-RTは今回の330mmをはじめ、Lengthを290/360mmも選べる。 [写真タップで拡大]

4カムエンジンをリジッドマウントするXL1200Sをベースに、当初はダートトラック風のコンパクトなフューエルタンクを製作していたが、ツーリングも楽しみたいというオーナーの要望を受け、容量を確保。旧車好きということもあって、グラフィックはAMF時代をイメージするものとした。

要所はスポーツスターユーザーに定評のある同社オリジナルパーツたち。シンプルかつスマートなハンドルは、超超ジュラルミンと呼ばれる最強・軽量なA7075アルミ材を素材に、握りを細くすることで操作性を向上し、見た目にも美しい「スピードバー」を装着した。

ポリッシュ仕上げで目を惹く2in1マフラーは、エキゾーストパイプの取りまわしにこだわり、短すぎないショートメガホンタイプ。フルチタンで総重量はわずか3.3kgしかなく、ノーマルに比べると1/3ほど。走りに大きな影響を及ぼすのはもちろん、圧倒的な軽さが駐車場での取り回しをイージーにしてくれる。

リヤショックはレーシングブロスMONO‐RT。無段階スプリングプリロードや24段階の伸び側減衰力調整機能を持ち、レースやハードな走りに対応するのはもちろん、タイトな交差点での旋回性や路面追従性も重視した完全日本仕様のストリートサスペンションに仕上げられた。クールなスタイルで、街乗りからツーリングまでオールマイティにこなすカスタムに仕上がっているから舌を巻く!

'00 ハーレーダビッドソンXLH1200S トランプサイクルカスタム|スピードバー

握りが細く、操作性に優れるトランプサイクルオリジナルのスピードバー(THB-002)。 [写真タップで拡大]

'00 ハーレーダビッドソンXLH1200S トランプサイクルカスタム|ナロープルバックバー

720mmのハンドル幅で抜群のフィット感を見せるが、よりタイト(690mm)にしたナロープルバックバー(THB-003)も選べる。 [写真タップで拡大]

'00 ハーレーダビッドソンXLH1200S トランプサイクルカスタム|2in1マフラー
[写真タップで拡大]

ポリッシュ仕上げで目を惹く、ショートメガホンタイプの2in1マフラー。

'00 ハーレーダビッドソンXLH1200S トランプサイクルカスタム|テールセクション
'00 ハーレーダビッドソンXLH1200S トランプサイクルカスタム|テールセクション

軽快感あふれるスッキリとしたテールセクションはスクランブラーテイストを決定づけ、見事としか言いようがない。 [写真タップで拡大]

'00 ハーレーダビッドソンXLH1200S トランプサイクルカスタム|ショートフェンダー
[写真タップで拡大]

フェンダーストラットは排され、ループ状にしたシートレールが折返しを付けたショートフェンダーをマウントしている。

'00 ハーレーダビッドソンXLH1200S トランプサイクルカスタム|オイルキャップゲージ
[写真タップで拡大]

03年式までのスポーツスターオーナーには説明不要だろう。異常とも言えるくらいに熱くなるオイルキャップの悩みをオイルキャップゲージ(TB-001)が解消する。

'00 ハーレーダビッドソンXLH1200S トランプサイクルカスタム|シート
'00 ハーレーダビッドソンXLH1200S トランプサイクルカスタム|シート

シートはCOBRAタイプをベースにしたワンオフで、タンデムもしたいというオーナーの要望からセミダブルの長さにまで座面を確保した。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報