イジリ心をくすぐる1台! 新型ヤマハXSR900をカスタムし倒す妄想劇場〈後編〉フルカウル/色変更

いかにも往年のレプリカ改らしいフォルムの新型ヤマハXSR900。もっと当時のマシンに近づけてみたら? そんな妄想をCGで具現化してみたら、こんなんなりましたぁ! 後編はフルカウル化と色変更モデルをお届けする。

●文:ヤングマシン編集部 ●CG:SRD

'22 YAMAHA XSR900

【’22 YAMAHA XSR900】ノーマルもカッコよし! ※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

〈YM妄想劇場その2〉フルカウル化:’80sレプリカ魂

’80年代WGPで活躍したYZR500をはじめ、’80年代耐久レーサーのFZR750、レプリカのFZR400をモチーフに2眼+フルカウル化したのがコチラ。XSRやMT-09ベースのフルカウル仕様は未登場だが、もし発売されたらこんな姿で、名称は「FZ900R」か「YZF-R9」になる? もちろんSTDの丸眼1灯を活かした、’70年代末~アーリー’80年代のレトロレーサー風もよく似合う!

ヤマハXSR900カスタム

【マッチングよし!】カウルはバッチリ。4ストのFZRイメージだが、2ストのチャンバー風にしてもオモロイのでは? テールから後方排気風のダミーも生やしてみた! ※写真は予想CG [写真タップで拡大]

GG RETROFITZ
[写真タップで拡大]

【GG RETROFITZ:1灯スタイルもアリ】写真のベース車はYZF-R25! 米国ビルダーによる外装キットを元に、’78~’80YZR500をオマージュしたカスタムだ。[9-GATE]

フルカウル化参考:嗚呼、青春のソノート!

'85ヤマハFZR750

【’85 FZR750】ヤマハ初の4ストワークス車。8耐にテック21カラーで、ボルドール24耐にサロンがソノートカラーで挑み、ともにトップ快走も……。 [写真タップで拡大]

'89ヤマハYZR500

【’89 YZR500】ソノートヤマハ(現フランスヤマハ)がまとったゴロワーズカラー。’89年のC・サロン車はサイドに張り出したダクトがバブリーだ! [写真タップで拡大]

'86ヤマハFZR400

【’86 FZR400】TT-F3レーサー=YZF400(写真左)のレプリカとしてデビューしたFZR400。2眼とゴツいテールまわりが特徴で、白×赤ストロボのほか、ゴロワーズカラーも選べた。 [写真タップで拡大]

〈YM妄想劇場その3〉色変更:ストロボも欲しい!

’70~’80年代のヤマハワークスは、白×赤ストロボラインのほか、ケニー・ロバーツの3連覇などで知られるイエローストロボも有名。様々なモデルに採用されてきた定番&鉄板カラーで、新型XSRにも登場する可能性はアリ。CGでもシックリ来ている! なお新型は前側のみタンクカバーなので、従来より色換えのハードルが高い。

ヤマハXSR900カスタム

【キングケニー!】ストロボラインこそないが、白×赤は現行XSR900に存在。イエローはヤマハ60周年記念カラーとして’16年型に設定されていた。新型もクル? ※写真は予想CG [写真タップで拡大]

ヤマハXSR900カスタム

[写真タップで拡大]

タンク形状&組み方の違い:RZカラーの再現は難ありか?!

従来型はタンクカバーが横1枚のパネルなのに対し、新型はカバーが前側で分割ラインがサイドを横切る。RZカラーはロゴの配置が難しい! [写真タップで拡大]

従来型XSR900
従来型XSR900

従来型XSR900ではタンクカバーが横1枚だった。 [写真タップで拡大]

外装キットの市販例:新型XSR用も登場に期待!

これまでも各社から数々の外装セットが販売されてきた。過激なのはやはり欧州ビルダーで、スペインのジャパンレジェンズのようにネイキッドをレプリカ風にするキットが存在しており、新型XSR用が登場する可能性もゼロではない。もちろん日本のワイズギアにも期待しています!

外装キット|ワイズギア
[写真タップで拡大]

【旧XSR900用オーセンティック外装セット:新型でもぜひ!】ヤマハ純正パーツを販売するワイズギアが発売。従来のXSR900は、RZ250/350に似た雰囲気があったが、セットではサイドカバーまで製作され、激似だった。※すでに生産終了 [ワイズギア]

外装キット|JvB-moto
[写真タップで拡大]

【XSR700スーパー7:日本でも買えるボルトオン】ドイツのJvB-moto社が製作したXSR700やMT-07用の外装。パーツはすべてボルトオンで、カンタンにスクランブラー風に変貌できる。国内でも販売中だ。[モトサロン]

外装キット|ジャパンレジェンズ
[写真タップで拡大]

【Z900外装キット:Z900がZXRルックに!】4ストレプリカのZXR750に見えるが、ベースは現代のZ900。スペインのビルダーによる外装キットで、丸2眼LEDも同梱。タンクはベース車を塗装した。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報