第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

三つ目の未確認生物……!

架空エナジードリンクの世界観?! アライ「ラパイド-ネオ UMA」2月下旬発売

アライヘルメットは、クラシカルなフォルムとディテールを最新技術でまとめ上げたフルフェイスヘルメット『RAPIDE-NEO(ラパイド・ネオ)』に新たなグラフィックモデルを追加して発売する。『RAPIDE-NEO UMA(ラパイド・ネオ ユーマ)』は、人気ペインター・増永修治氏がデザインを手がけたユニークなグラフィックが特徴だ。


●文: 山下剛 ●外部リンク: アライヘルメット

NEWデザイナーシリーズの大胆なグラフィックモデルがラパイド・ネオに登場

アライ独自の『かわす性能』を体現した『R75』のシンプルな曲面の帽体に、それをさらに引き出すための世界初のシールドシステム『VAS』を搭載。帽体素材は同社最高性能を持つPB-cLc2を採用し、F1専用ヘルメットからフィードバックした『SFB(スーパーファイバーベルト)』を組み合わせたことで、軽さと強さを両立。安全規格はJISに加えてスネル規格もクリアしており、街乗りからツーリングに適した性能ながらも優れた安全性を誇るフルフェイスヘルメットだ。

外観の特徴でもあるチンガード中央のマウススリットをはじめとするベンチレーション機能も充実しており、熱気がこもりがちな真夏はもちろん、真冬ではシールドの曇りの原因となる湿気を効率的に排出し、常に快適な被り心地をもたらす。

このたび追加された新しいグラフィックモデルは、『NEWデザイナーシリーズ』として企画されたもので、ヘルメットペイントをはじめとしてショップのサインペイントやイラストレーターとしても活躍する増永修治氏がデザインを担当している。

3つの目玉の絵柄が目を引くグラフィックは、架空のエナジードリンクブランド『UMA』が、バイクレースを中心に新たな旋風を巻き起こす世界観を表現したものだ。レーシングイメージの70~80年代ネイキッドや耐久レーサー、あるいは現代のモタードやカフェレーサーシーンにも似合うデザインとなっている。

カラーリングは白と黒の2色展開となっており、いずれもベースカラーはモノトーンのモザイク模様があしらわれた、都会的なムードも併せ持つ。

発売時期は2022年2月下旬が予定されている。

Arai Helmet RAPIDE-NEO UMA

●価格:6万1600円 ●サイズ:54、55-56、57-58、59-60、61-62(cm) ●色:白、黒 ●規格:SNELL、JIS ●帽体:PB-cLc2 ●内装:ハイフィッティング・アジャスタブル内装(抗菌・消臭内装/オプションにて調節可能)●2022年2月下旬発売予定

Arai Helmet RAPIDE-NEO UMA

Arai Helmet RAPIDE-NEO UMA[BLACK] [写真タップで拡大]

Arai Helmet RAPIDE-NEO UMA

Arai Helmet RAPIDE-NEO UMA[BLACK] [写真タップで拡大]

Arai Helmet RAPIDE-NEO UMA

Arai Helmet RAPIDE-NEO UMA[WHITE] [写真タップで拡大]

Arai Helmet RAPIDE-NEO UMA

Arai Helmet RAPIDE-NEO UMA[WHITE] [写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース