埼玉県 小鹿野町『バイクの森』に

日本のバイクとレースの黎明、激闘、飛躍を伝える「伝承 POP吉村 メモリアルコーナー」オープン…〈多事走論〉from Nom

POPの生涯を通して、日本のバイク、レースの歴史を知り、チャレンジスピリットを感じて欲しい

11月5日投稿の記事でお知らせした、ヨシムラジャパンの創設者で、バイク用集合マフラーの生みの親である希代の名チューナー・吉村秀雄さん、通称・POP吉村の生涯を数々の写真で振り返る「伝承 POP吉村 メモリアルコーナー」が埼玉県・小鹿野町のバイクの森に11月27日にオープンしました。

オープニングセレモニーのテープカットは、小鹿野町長の森真太郎さん(写真中央)も出席して行われた。また、POPの奥様である直江さん(左から2人目)も参加した。テープカット後のスピーチで、森町長は「伝承 POP吉村メモリアルオーナーもでき、これからもオートバイによる町おこし事業を進めてまいります」と力強く語ってくれた。 [写真タップで拡大]

その生涯を、バイクのエンジンチューニングとより速いレーシングマシンをつくることのみに費やし、1978年には、徹底的にチューンアップしたスズキ・GS1000でアメリカ・AMAのデイトナ200マイルレースを制したのちに、7月末に鈴鹿サーキットで開催された第1回鈴鹿8時間耐久レースでは無敵艦隊と言われたホンダ・RCB艦隊を撃破。

社員数人の町工場が巨大メーカーのワークスマシンを凌ぐ性能を多くの観客の前で披露して、世の中に広くヨシムラの名前を轟かせたのがPOP吉村です。

若いライダーには馴染みの薄い遠い過去の人かもしれませんが、だからこそこのメモリアルコーナーを訪れて、POPの成し遂げたバイクの世界における偉業の数々を見て感じて欲しい、そういう関係者の思いでこの展示が実現しました。

バイクの森で営業するバイク弁当の左手にオープンしたメモリアルコーナーでは、縦2m30㎝、横4mの大きな写真パネルが3枚設置されていて、それぞれ「黎明 1937年」、「激闘 1972年 海外へ」、「飛躍 1980年〜」というテーマが掲げられ、1枚のパネルにテーマに沿った10数枚の写真が時代説明とともにプリントされています。

「黎明」、「激闘」、「飛躍」の3つのテーマでPOPの生涯を振り返る

「黎明」には、第二次大戦の終戦後に米兵相手にバイクのチューニングを始めて、まるで魔法のようにバイクを速くする技術に魅了され、また堪能な英語で若い米兵たちを叱咤激励する物おじしない性格に惹かれた彼らが名付けた「POP」という愛称が誕生した時代の、まだモノクロの写真が数多くプリントされています。

「神の手」とまで言われたPOPの指先から生み出されたカムシャフトなどのパーツを組み込まれたエンジンを積んだマシンが、福岡県の板付基地の滑走路を使用したレースで驚くほどの速さを見せつけて、徐々に吉村の名前が日本に広がり始めた頃が蘇ります。

POP吉村がライダーとして走っていた頃の貴重な姿も。この写真はメモリアルコーナー入り口のメインビジュアルにも使用されている。 [写真タップで拡大]

とくに注目して欲しいのは、赤いお椀ヘルメットのPOPがBSAのバイクにまたがった写真。板付基地滑走路で開催されたゼロヨンレースのスタートシーンですが、400mをほかのバイクよりも早く駆け抜けるため、フロントブレーキは外され、燃料タンクはビニールチューブを用いるなど徹底的な軽量化を実施。

このときすでに、POPは軽量化がレーシングマシンにとって非常に重要なものであることを知っていて、その後のPOPがつくるレーシングマシンはカウリングなどあらゆるところに穴開け加工が施されるなど、その考えが徹底されていました。

「激闘」では、戦いの場をアメリカに求め、できたばかりの集合マフラーを引っ提げてAMAのスーパーバイクレースにチャレンジ。

アメリカ人のビジネスパートナーと設立した現地法人が乗っ取られ、アメリカにおける「ヨシムラ」の登録商標を取り返すために血のにじむような苦労を続ける中、AMAの数々のレースで勝利を重ね、1978年にはデイトナ200マイルに勝って、その勢いで第1回の鈴鹿8時間耐久レースもスズキ・GS1000で制覇し、「ヨシムラ」の名前をアメリカに続いて日本でも確立した時代の写真、そしてアメリカのバイク雑誌の記事のコピーが数多くプリントされています。

そして3枚目の「飛躍」には、8耐と言えばヨシムラ、ヨシムラと言えば8耐と称されるほどに、ほかのどんなレースよりも鈴鹿8時間耐久レースで巨大メーカーに打ち勝つことを目指した、現在まで続くPOPとヨシムラの戦いの姿が描かれています。

また、2000年に日本人としては本田技研の創業者である本田宗一郎さんに続く2人目としてAMAの殿堂入りした際に贈られたメダルの写真が誇らしげにプリントされています。

感動のトークショーで語られたPOPの凄さ

そして、記念すべきオープニングのこの日は、現ヨシムラジャパンの代表である吉村不二雄さん、POPの娘婿であるモリワキエンジニアリング代表の森脇護さん、そしてその奥様の南海子さんによるPOPの思い出を語るトークショーも行われました。

なかでも聴衆を感動させたのが、森脇さんが「初めて親父の話をするんですが」と前置いて語った、1960年代の後半にヨシムラに入社してから常に傍らで見続けてきたPOPのチューナーとしての凄さ。

「いまのMotoGPマシンにも採用されているような最新鋭のエンジン技術のすべて、カムタイミングやピストン形状などを親父は50年以上前から知っていて、それをすべて自分の手で削ったりして実現していました。いまのバイクの繁栄は、親父が培った技術が日本の4メーカーの技術者たちに大きなインパクトを与えたからに他ならないと思います」

モリワキエンジニアリング代表の森脇護さん、そして奥様の南海子さん。護さんは、トークショーが終わってからも「レース人生、今までずっと幸せです」と語ってくれた。 [写真タップで拡大]

コンピュータも、現在のような工作機械もない時代に、POPは自らの勘と経験と手で現在の最高峰マシンのエンジンと同じような仕様に仕上げていたというのですから、驚愕以外のなにものでもありません。

そして、オープニング当日は、生涯POPを支え続けた奥様の直江さんも96歳というご高齢にもかかわらず元気に列席し、テープカットも行ってくださいました。

「母は本当に苦労をしてきましたから、父が亡くなる前の病床で、母に『生まれ変わったらまた一緒になろう』と言ったときに返事をしなかったそうです。でも、亡くなってお棺に入った父に最後のお別れを言うときに、母は『また一緒になろうね』と声をかけていました」

南海子さんが語ったそんなエピソードは、思わず多くの人が目頭を熱くするほどで、チューニング一筋でほかのことは何もしない、できないPOPを献身的に支えた直江さんのために、このコーナーを実現したかったと語ってくださったのです。

ヨシムラジャパン代表の吉村不二雄さん。「エンジンはなくさない」と力強く語った。 [写真タップで拡大]

「父は、巨大なメーカーを相手にずっと戦っていました。レースというよりも、父にとっては戦争でした。決してあきらめない、父の不屈のスピリットをここの展示を見ることで若いライダーの方々にも感じていただいて、父のDNAを持って帰って広めていただきたいと思っています」

「伝承 POP吉村 メモリアルコーナー」は、一人のチューナーの歴史を綴っただけではなく、まさにPOPがその生涯を通じて多くの人に伝えてきた考え方や思いを、将来に向けて継承してもらいたいという思いが込められたものなのです。

「日本の成長を支えてきたのは、まぎれもなくバイクでありクルマでした。いまの日本の繁栄は、バイク、クルマなくしてあり得ないもので、レースの世界もそれを後押ししてきたと思います。いま、カーボンニュートラルとか言われていて、エンジンもマフラーもないようなバイクやクルマになってしまうような風潮がありますが、そんなことは絶対にあり得ないし、我々がそうならないように守っていかなければいけないと思っています」

吉村不二雄さんがそう語ったように、バイクを愛し、バイクの性能を極限まで高めることで次の時代につなげ続けたPOPのチャレンジスピリットは、現在のヨシムラ、そしてモリワキにも確かに受け継がれていて、バイクの森のこのコーナーに力強く息づいているのです。

南海子さんは、2カ月に一度くらいはここにきて、POPの話を多くの人に伝えていきたいと考えていると言いますから、そういう貴重な機会を逃さずにこのメモリアルコーナーに足を運んでいただきたいと思います。

そして、これまでのバイク弁当、アライヘルメットミュージアムに加えて、この「伝承 POP吉村メモリアルコーナー」と同じ11月27日にチェーンメーカー・RKの「RKブース」もオープンして、小鹿野のバイクの森はライダーなら一度は訪れたいとても魅力的な場所になったことは間違いありません。

※バイクの森の営業日、営業時間は基本的にバイク弁当の営業日・営業時間に準じます。来館の際は、バイク弁当のウェブサイトにある営業カレンダーを必ずご確認ください。

『伝承 POP吉村 メモリアルコーナー』には伝説のマシンも

ヨシムラエンジン+モリワキフレームという夢のコラボレーションによるGSX1000(1983年の鈴鹿8耐に出場。シリンダーヘッドからのオイル漏れに悩まされ、結果は13位)。長く鈴鹿のモリワキショールーム(現在は閉館)に展示されていたが、この日のために元ヨシムラメカニックであるアサカワスピード代表の浅川さんが念入りに整備をして、当日は、数十年ぶりにエンジンに火が入った。このマシンは現在、アクリルの箱に入った状態でメモリアルコーナーに展示されている。 [写真タップで拡大]

記念すべきコラボマシンを間近で見られる。 [写真タップで拡大]

当日は、今年の世界耐久選手権を制した「ヨシムラSERT Motul」のGSX-R1000(右)も展示され、POPの孫である加藤陽平テクニカルディレクターや8耐ライダーの渡辺一樹選手も出席して優勝記念のトークショーが行われた。 [写真タップで拡大]

GSX1000はアサカワスピードでレストアされ、ファンの前で数十年振りにエンジンに火が入る。寒さのためプラグがカブるというご愛敬な一幕も。 [写真タップで拡大]

トークショーでお披露目されたEWC世界タイトルのトロフィー。当日は他にもル・マン24時間レースとボルドール24時間のトロフィーが並んだ。 [写真タップで拡大]

埼玉県のバイク関連企業として、当日に同時オープンしたチェーンメーカーのRK小鹿野ブースでは、実際にMotoGPやWSBKで使用されたレーシングマシン用のチェーンなどが展示されている。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報