教えてネモケン|RIDE HI

【Q&A】ブレーキキャリパーがラジアルマウント化されたのはなぜ?

ハイパフォーマンスバイクのほとんどが採用しているラジアル(放射)マウントのキャリパー。最近はミドルクラスや250ccクラスにも普及してきました。実際のところこのキャリパーのマウント方法のメリットは、どこにあるのでしょう?

●文: ライドハイ編集部(根本健) ●写真: カワサキ

A.フロントフォークの倒立化とともに、より高い剛性が求められるようになったから

ディスクブレーキを大量生産される市販車に初めて採用したのは、1969年に登場したホンダCB750FOUR。走行風が冷却に優位なはずと、当初はブレーキキャリパーはフロントフォークより前にマウントされていました。それが前輪のステア慣性を少なくするため、フロントフォークの後ろ側へマウントされるようになり、いまではラジアル(放射)マウントと呼ばれるフロントフォーク後ろ側の離れた位置にマウントされるようになりました(詳しくはコチラ)。

どうしてこのような位置にマウントされるようになったかといえば、まずフロントフォークが倒立タイプとなったことがあります(詳しくはコチラ)。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報